体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スキマスイッチ、デビュー15周年記念の横アリ2days決定

スキマスイッチ、デビュー15周年記念の横アリ2days決定

 今年デビュー15周年を迎えるスキマスイッチが、3月14日に発売した自身7枚目となるアルバム『新空間アルゴリズム』を引っ提げ、全国27か所34公演をまわる【SUKIMASWITCH TOUR 2018 “ALGOrhythm”】を、4月11日 神奈川・川崎市スポーツ 文化総合センターからスタートさせた。

スキマスイッチ ライブ写真(6枚)

 ライブは23rdシングル曲「LINE」からスタートし、「 【SUKIMASWITCH TOUR 2018 “ALGOrhythm”】へようこそ~」(常田真太郎)、「3年ぶりのアルバム『新空間アルゴリズム』を引っ提げてのツアーなので、緊張感もありつつ、楽しみな気持ちが大きいです。最後まで楽しんで行ってください!」(大橋卓弥)と挨拶。初日のセットリストは同アルバム楽曲を中心に構成され、本編ラストは「新空間アルゴリズム」のリード曲で、現在TVで放映中、YouTubeでも900万回再生される戸田恵梨香、久保田紗友が姉妹役で主演するアキュビューRCMソングとして書き下ろされたピアノと歌だけで奏でられるバラード「未来花(ミライカ)」をスキマスイッチ2人だけで披露する。バックスクリーンには、「あなたが思う未来花」として公演前に投稿募集された、思い思いの架空の花「未来花(ミライカ)」をイメージしてファンが撮影した写真が映し出され、 「未来という花を咲かせよう」と歌う「未来花(ミライカ)」の世界をファンと一緒に作り上げた。

 鳴り止まない拍手とともに再び登場したスキマスイッチは、「本当に素敵なツアーになりそうです。今日はありがとうございました! そして今日は発表があります。今年7月にデビュー15周年を迎えます。皆さんのおかげで15年間、歌を歌ってくることが出来ました。自分たち事になりますが、お祭りを開催します!」(大橋卓弥)と挨拶し、今年デビュー15周年アニバーサリーを飾る、スキマスイッチ史上初となる横浜アリーナでの単独公演を11月10日、11日に2日間に渡って開催することを発表。続けてアンコール曲を披露し、ツアー初日を締めくくった。

(ライブ写真)撮影:岩佐篤樹

◎公演概要
【SUKIMASWITCH TOUR 2018 “ALGOrhythm”】
2018年4月11日(水)神奈川・川崎市スポーツ 文化総合センター
出演:スキマスイッチ
バンドメンバー:Dr・村石雅行、 G・石成正人、 B・種子田健、 Key・浦清英、 Per・松本智也、 Sax・本間将人、 Tp・田中充

◎New ライブ情報
【スキマスイッチ 15th Anniversary at Yokohama Arena Special 2days】
2018年11月10日(土)、11日(日)横浜アリーナ
10日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
11日(日)OPEN 14:00 / START 15:00
チケット料金:単日券 全席指定 8,640(税込) 通し券 全席指定 15,000(税込)
http://www.office-augusta.com/sukimaswitch/

関連記事リンク(外部サイト)

スキマスイッチ、上尾中学校三送会に登場、「卒業生の方の未来にそっと“音楽”があれば」
スキマスイッチ、新曲「未来花」ラジオ初解禁&歌詞も公開に「歌詞のテーマは“名前を呼ぶ”」
スキマスイッチ 15周年“新たなる旅立ちへ” NEWビジュアル&新AL『新空間アルゴリズム』収録曲発表も

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。