体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

のん “創作の意欲が湧く”瞬間とは

のん “創作の意欲が湧く”瞬間とは

 5月9日にリリースされる、のん 1stアルバムの先行試聴会が4月11日 東京・渋谷区のSpotify JAPANにて開催された。

のん 先行試聴会の写真(3枚)

 この日集まったのは、事前にSNSで抽選応募を受け付けたファン50人。1stアルバム『スーパーヒーローズ』に収められた楽曲11曲を解説交えで収録順に紹介。全曲試聴が終わると、マットブラックのフェンダー製アコースティック・ギターを抱えたのんが自身のバンド“のんシガレッツ”と共に登場。MCが創作のインスピレーションはどこで湧くかを訊ねると「映画やライブを観て興奮した時に、創作の意欲が湧く」と応え、いちばん最近に観たのは堀込泰行さんのライブ!と楽しそうに話す。

 また、このアルバムは豪華な作家陣も話題。高橋幸宏とは昨年夏のワールドハピネス出演を機に提供を受け。のん自身がファンだという矢野顕子が書き下ろした「わたしはベイベー」には「特別な曲です! 色んな想像が出来る曲で、聴けきば聴くほどジンワリときます!」と話し、アコースティック・セットで同曲を初披露。この曲は歌詞の一節に「清志郎なら歌ってくれるはず / 甘えちゃだめさ ベイベー」とある通り、忌野清志郎に捧げた楽曲で、のんが詞をじっくり噛みしめるように歌唱。

 続いてザ・クロマニヨンズの真島昌利が書き下ろしたアルバム2曲目「さぁいこう」。メンバーと息の合った美しいコーラスを聴かせながら、アコースティック編成でドライブ感溢れるロックンロールを熱演。2曲のミニライブが終わると、集まったファンと共に記念撮影。「是非おてもとに置いて頂ければ嬉しいです! お楽しみに!」と1stアルバムをアピールし、試聴会イベントを締めた。

 のんは5月2日に先行シングル『わたしはベイベー』をリリース。SIDE-Bには仲井戸麗市が参加した同曲のアコースティックVer.が収められる。なお、1stアルバム『スーパーヒーローズ』発売同日に、昨年末に恵比寿ガーデンホールで行われた『のん、KAIWA フェス Vol.1』の模様を収めたDVDもリリースされる。

◎リリース情報
シングル『わたしはベイベー』
2018/5/2 RELEASE
<アナログ> KRCA-00002 2,700円(tax in.)

アルバム『スーパーヒーローズ』
2018/5/9 RELEASE
<CD+DVD盤+ブックレット> KRCD-00001 5,940円(tax in.)
<通常盤(CD+ブックレット)> KRCD-00002 3,780円(tax in.)

DVD『のん、KAIWAフェスVol.1 ~音楽があれば会話が出来る!~』
2018/5/9 RELEASE
<DVD> LNBM-1256 5,400円(tax in.)

◎ライブ情報
【のんシガレッツ ファースト・ライブ】
2018年5月8日(火)東京・渋谷CLUB QUATTRO
OPEN 18:00 / START 19:00
出演;のんシガレッツ
Special Guest:大友良英/高野寛/弓木英梨乃(KIRINJI)
https://nondesu.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

のん 初の主催イベントが映像化! 豪華フォトブック付で5月リリース
のん 新曲「RUN!!!」MV &【のんフェス】へ向けたコメント動画を公開
のん 年末年始に大暴れ! 元旦リリースの新SG『RUN!!!』ジャケ写&ティザー映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。