体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リモコンキーでドアが開かない! 電池切れかも? そんなときの「電池交換」「ドア開錠」「エンジン始動」方法

リモコンキーでドアが開かない! 電池切れかも? そんなときの「電池交換」「ドア開錠」「エンジン始動」方法 ▲リモコンキーの電池が切れたので自分で交換してみます

▲リモコンキーの電池が切れたので自分で交換してみます

電池交換は意外と簡単! 覚えておきたい電池切れの対処方

みなさんこんにちは。編集部てんちょ~です。みなさんの車はリモコンキーのボタンをポチポチするとドアロックが開錠されますか?

「もちろんするよ!」って方は一安心。

編集部の社用車、トヨタ エスティマ ハイブリッドに乗ろうとしたら、ボタンをポチポチしても無反応です。

嫌われているのでしょうか?

そんなことはなく、リモコンキーはテレビのリモコンのように電池が内蔵されています。その電池が切れてしまうと、電波が飛びません。

テレビのチャンネル操作が利かなくなるようにドアロックの開錠ができなくなってしまいます。

なので、電池の交換が必要になります。

ちなみにエスティマハイブリッドのようにプッシュスタート式のエンジン始動方法の場合は、リモコンキーの電波を感知しているので始動ができなくなります……。

しかし、焦らなくてOKです。電池が切れていてもドアロックは開錠できるし、エンジンも始動できるんです!

今回はリモコンキーの電池交換と、電池切れのときに、どうやってドアロックの開錠&エンジンを始動するのか、電池交換ついでに書いておきます。

▲リモコンキーの側面についているレバーを押し、内蔵されている鍵を抜き取ります。この鍵は、文字どおり後ほど解説するドアロックの開錠のキーとなります

▲リモコンキーの側面についているレバーを押し、内蔵されている鍵を抜き取ります。この鍵は、文字どおり後ほど解説するドアロックの開錠のキーとなります

▲プラスチックのカバーが2枚重なった構造で、抜いた部分を見ると合わせ面にくぼみがあります

▲プラスチックのカバーが2枚重なった構造で、抜いた部分を見ると合わせ面にくぼみがあります

▲ここをドライバーなどでこじれば、パカッと開きます。この車の場合は、先ほど抜いた鍵の先端がジャストフィットするようになっています

▲ここをドライバーなどでこじれば、パカッと開きます。この車の場合は、先ほど抜いた鍵の先端がジャストフィットするようになっています

▲ひねるようにグイッとしたら開きました。固すぎる場合は破損にもつながるのでディーラーやカー用品店にお願いした方がよいでしょう

▲ひねるようにグイッとしたら開きました。固すぎる場合は破損にもつながるのでディーラーやカー用品店にお願いした方がよいでしょう

▲ちなみにこちらはもう1台の社用車、日産 デュアリスのもの。上下のプラスチックカバーに小さいネジが付いているので、メガネの緩みを締め直せるような小さなドライバーが必要です。こじって開けるのは同じです
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。