体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビオディナミ農法で作られた南仏産オーガニックワイン『ベル・フルール オーガニック メルロー(赤)/シャルドネ(白)』なら酔い心地もサステナブル! しかもお手頃価格って!?

南フランスで100年以上続くビオディナミ農法(より厳格な有機農法)採用のワインメーカー「ドメーヌ・カズ」。世界中の三つ星レストランで採用されている名門。そこ生まれのオーガニックワインが『ベル・フルール オーガニック メルロー(赤)/シャルドネ(白)』。えっ、これって千円札一枚で手に入るの!?

オーガニック認証を海外・国内基準でともに合格した正真正銘のオーガニックワインは地球にも人間の舌にも優しかった!

ワインとなるといろいろカタカナの専門用語が頻出しがち。ワイン農場はワイナリー、ミディアムボディは渋みや舌に感じる濃さがちょうどよく、人間でいうところの中肉中背でバランスの良いタイプ。通常ボディが重い(フルボディ)はこってり系の料理に向いていて、軽い味わい(ライトボディ)は淡白な料理に向いていると言われる。

そしてオーガニックワインとは、有機農法で作られたワインのこと。化学肥料を使わないことで地球にも人間にも優しい製法。近年はエコというよりもサステナブル(持続可能)と表現されることが多いが、それはこの先の子孫代々に負の環境遺産を与えずに繁栄し続けられる仕組みのこと。

 

 

ただ一口にオーガニックと言っても、国内外で認証条件が違う。ヨーロッパ各国が加盟する団体「ECOCERT(エコサート)」が目下のところ世界標準とされていて、世界基準の中でも厳しい制限で認証を行っている。

 

そんな厳格な基準のECOCERTを受け、国内外どちらの認証基準をクリアした正真正銘のオーガニックワインが、メルシャン『ベル・フルール オーガニック メルロー(赤)/シャルドネ(白)』(各750mlびん・実勢価格 税込約1,000円・2018年2月27日発売)

しかも世界中の三つ星レストランで採用されている南フランス最大のビオディナミ農法(より厳格な有機農法)ワイナリー「ドメーヌ・カズ」生まれと聞けば、もはやいつ目玉が飛び出る値段になっていてもおかしくない気がする。

 

厳格なオーガニック基準をクリアしつつ安価に抑えられたその理由は?

それはひとえに企業努力の賜物。メルシャンによると、高品質のオーガニックワインを採用しつつも、ボトリングを日本国内で行うことによって、この価格帯を実現したのだそう。ではいよいよ、味わいを確かめてみたい。

 

 

『ベル・フルール オーガニック メルロー(赤)』

メルロー(ボルドー地方発祥のぶどう品種)を100%使用したミディアムボディの赤ワインが『ベル・フルール オーガニック メルロー(赤)』。「チェリーやプラムのようなリッチな果実のアロマに、ほのかなスパイスを感じ、穏やかなタンニンが調和した赤ワインです」との説明書きを横目で見ながら、スクリューキャップを開け、ワイングラスを傾ける。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。