体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

引越しするならまずチェック! 一番使いやすい引越し会社のWebサイトはどれでしょう

引っ越しするならまずチェック! 一番使いやすい引越し会社のWebサイトはどれでしょう

引越し会社の人員不足で「引越し難民」という言葉までうまれたこの春。皆さんは無事に引越しできたでしょうか?

「引越し会社5社のWebサイトの使い勝手」を比較分析したランキングが発表されました。どんな結果になったのか、さっそく見てみましょう。

引越し会社の使いやすいWebサイトランキング

トライベック・ストラテジー株式会社(東京都港区、以下 トライベック・ストラテジー)のグループ子会社の株式会社トライベック・ブランド戦略研究所が、「個人向け引越しサービスを提供する引越し会社5社のWebサイトの使い勝手」のランキングを作成しました。

気になる結果は、以下のとおりです。

<ランキング>

1位:クロネコヤマト引越センター

2位:アート引越センター

3位:サカイ引越センター

4位:アリさんマークの引越社

5位:ハトのマークの引越センター

このランキングは、「5評価軸、全96項目」への評価で順位付けられたのだそう。一体どんな点が調べられたのでしょう? 5つの評価軸を見てみましょう。

A軸:アクセス性

(モバイルフレンドリー対応、多言語対応など)

B軸: サイト全体の明快性

(サイト内のデザイン・色のトーン・マナーなどの一貫性など)

C軸: ナビゲーションの使いやすさ

(サイト内部全体を検索可能な検索機能の有無など)

D軸: コンテンツの適切性

(ページ内容に対する見出しの適切性など)

E軸: ヘルプ・安全性

(問い合わせ窓口の分かりやすさなど)

ランキングの1位は、「クロネコヤマト引越センター」でした。「A軸:アクセス性」の評価が若干低いものの、総合スコアに大きく影響するB軸からD軸までの各評価軸で80点を超えるなど、全体的に高い評価となりました。

ちなみにWebサイトの操作性にかかわるC軸は、5社のなかでも「クロネコヤマト引越しセンター」がやはり一番の高得点でした。操作性のなかでも、情報構造やナビゲーションの設計について高く評価されているそうです。つまり、分かりやすく使いやすいということですね。利用者にとっては、それが一番大切なポイントかもしれませんね。

イメージがちぐはぐ? なホームページたち

調査を実施したトライベック・ストラテジーの担当者によると、この5社の引越しWebサイトを比較するうちに、あることに気が付いたのだそうです。それはどんなことなのでしょう。

「いち消費者として、日ごろからテレビCMなどで見聞きしているブランドばかりでしたが、その世界観がWebサイトにはあまり反映されていないように思います。チャネル間でブランドイメージが断絶されてしまっているのは意外であり、もったいないと感じました」(トライベック・ストラテジー)

なるほど、確かに引越し会社は頻繁にテレビCMを展開している気がします。そのCMのイメージが強いので、ホームページを開いたときにCMと世界観が連動していないと、肩透かしをくらってしまうのは分かるような気がします。

引越し会社の皆さんには、ぜひこれからも分かりやすく使いやすいホームページづくりを目指していってほしいですね。
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2018/03/152462_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

SUUMO調べ、引越し後の片付け期間、2位「1カ月程度」 1位は?
引越したその日に気付く失敗、2位「収納が足りない」、1位は?
家がなくても幸せ! “ホームレス”小谷さんが1日50円でも楽しく暮らせるワケ

SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。