体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

島ごとテーマパーク!ディズニーが所有する無人島「キャスタウェイ・ケイ」を徹底解説!

島ごとテーマパーク!ディズニーが所有する無人島「キャスタウェイ・ケイ」を徹底解説!

ディズニーが所有する無人島があることをご存知ですか?ディズニークルーズラインでしか行けない無人島「キャスタウェイ・ケイ」は、美しいカリブ海の中でディズニーキャラクターや自然と触れ合える、まさに島ごとテーマパーク!

今回はその魅力を、体験談をもとに徹底解剖したいと思います。

 

キャスタウェイ・ケイってどんなところ?

キャスタウェイ・ケイの場所はフロリダ半島からちょっと南、国でいうとバハマ領になります。無人島といってもそこはディズニー。ただの島ではありません!

島の名前のルーツはミッキーマウスの短編アニメーション映画「ミッキーの無人島漂流」(The Castaway、1931年)といわれており、ストーリーを感じさせるような不時着した飛行機らしきオブジェが。

以前は、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」に登場していた船「フライング・ダッチマン」が実際に置いてあったこともあったそうです。

ディズニークルーズラインの寄港地として作られており、基本的には1回のクルーズで島に立ち寄るのは1度のみというクルーズがほとんど。(年によっては、2回寄港するルートのクルーズもあります)

 

朝から夕方まで約8時間ほど寄港しますが、1度の滞在では遊び尽くせないほどたくさんのイベントがあります。

初めての人にオススメなのは「エクストリーム・ゲッタウェイ・パッケージ」というプラン。内容はシュノーケルセットのレンタル、浮き輪またはフローティングマットのレンタル、レンタサイクル、そしてエイとの触れ合いです。順番にご紹介していきましょう。

 

海の中に隠れミッキー&ミニー

船を下船したらさっそくビーチに繰り出し、シュノーケルセットと無料のライフジャケットをレンタルします。(シュノーケルは持参することも可能ですが、ライフジャケット着用は必須です)

シュノーケリングエリアを泳ぐと色とりどりの魚が見られるだけでなく、海の底に宝箱や沈没船の残骸など様々なオブジェが。そこに、なんと隠れミッキーや隠れミニーの銅像まであるのです。

泳ぎに自信がなくても、シュノーケルと足ひれ、ライフジャケットがあれば水面を顔につけるだけなのでそんなに心配はいりません。もちろんライフガードもしっかり見守っています。

ぜひ水中カメラをもってキャラクター探しをしてみてはいかがでしょう?

キャスタウェイ・ケイにはこの他にも、ファミリービーチやウォータースライダーで遊べる「ペリカン・プランジ」、18歳以上の大人限定で静かに過ごせるビーチ「セレニティ・ベイ」など、あらゆるタイプのゲストが楽しめるようなビーチが用意されています。

浮き輪やフロートのレンタルできる場所もそれぞれにあり、レンタルを申し込んでいれば1日中どこで貸し借りしてもいいので自由に海を楽しめます!

セレニティ・ベイにはオリジナルのカクテルを販売しているバーもあります。海をのんびり眺めながら1杯……なんてしていたら、帰りたくなくなっちゃうかも。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。