体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ママ」という響きに憧れ、呼びかけていたのに…息子はあっさり「おかーさん」!? by ユーラシア

「ママ」という響きに憧れ、呼びかけていたのに…息子はあっさり「おかーさん」!? by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。

私には妊娠中から考えていたことがあります。それは「自分を何と呼ばせるか」問題。一般的には「お母さん」か「ママ」、あるいは「おかん」とか「かーちゃん」もアリ……? 前回エピソード:単語も増えてきて面談終了…と思っていたら、次は落ち着き?「見守りだけでなく手助けを」 by ユーラシア

ちょっと恥ずかしい話なのですが、子供の頃「ママ」という響きに少しだけ憧れを持っていました。私自身は母のことを「おかあさん」と呼んでいたので、母親を「ママ」と呼ぶクラスメイトや、 海外の映画やドラマに出てくる素敵な「ママ」を、なんとなく羨ましく思っていたのです。

f:id:akasuguedi:20180405141634p:plain

だから、本来は自分はママなんていう柄じゃないし、うちの子は男の子だからそのうち呼び方は変わるだろうけど、 最初は「ママ」って呼ばせてみようかな……!? 小さい頃憧れてた「ママ」になってみよう! と決意。

0歳の頃から、いや妊娠中からずーっと、息子に「ママはね、」と話しかけ続けてきました。

が、息子は1歳をすぎても2歳になっても一向に私をママと呼びません。元々言葉が出るのが遅かったのですが、 ワンワンやブーブーなどの単語が少しずつ出始めても、肝心の(?)「ママ」が出てこず……。

f:id:akasuguedi:20180405141820p:plain

そんなある日、「ことば図鑑」的な本を購入しました。 ペンでタッチすると絵本から音声が流れるというハイテク絵本で、「これの名前は何て言うんだろう」という2歳児の知識欲をガッツリ満たしてくれる優れものです。

その絵本の中に「家族」という項目があり、母親のイラストをタッチしてみると、『おかあさん』という音声が流れました。

あ、「ママ」じゃないんだー、息子が混乱しちゃうかな?と思っていたら、 次の瞬間、息子が私を指差して「ママ!」と言いました。初めて私をママと呼んでくれたのです。感激しました。

が、息子が私をママと呼んでくれたのは、その日だけでした。次の日、息子が私をこう呼んだのです。「おかあさん!」と……。

f:id:akasuguedi:20180405142105p:plain

あ、あれ? うん……確かにお母さんだけど……ママじゃないの……? 昨日ママって言ってくれたのに…… と困惑する私をよそに、息子は「おかーさん、おかーさん!」と大はしゃぎ。

図鑑にハマっていた息子は、もしかしたら 「この人、自分のことをママって言ってるから、試しに昨日ママって呼んでみたけど、どうもしっくり来ない。それに図鑑にはおかあさんだって載ってる。一晩考えてみたけど、図鑑が正しい! やっと正しい呼び方が分かった!」とでも思っていたのかもしれません。

それまでおよそ2年以上、ずっと私が肉声でママだよママだよと刷り込んでいたのに、たった数日前に買った図鑑の音声にあっさり上書きされてしまったとは……。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。