体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宇宙ホテル、2022年開業!? Orion Span、宇宙旅行の予約受け付けを開始

地上300キロ超にある宇宙ホテルに滞在する12日間の旅、お値段950万ドル(約10億円)−。まるで漫画かSF小説にでも出てきそうな触れ込みの旅行の予約受け付けが開始された。

米国テキサス州に拠点を置くスタートアップOrion Spanが展開するもので、同社は宇宙ホテル「Aurora Station」を2022年にも開業させるとしている。

・出発前に3カ月訓練

発表によると、同社は2021年にAurora Stationを、地上から322キロ離れた地球周回軌道へと打ち上げる。この高度は国際宇宙ステーションの408キロよりやや低く、地球を90分で1周する。

Aurora Stationには2人部屋があり、最大収容人数は客4人と、旅行アテンダント2人の計6人。ロケットで地球を発って、Aurora Stationに滞在し、再び地球に戻ってくるまでの12日間がパッケージとなっている。

お値段の950万ドルにはそうした旅費すべてが含まれるほか、出発前の3カ月にわたるトレーニング費用も入っているとのこと。

・マンション建築構想も

Orion SpanのCEO、Frank Bunger氏によると、モジュールをくっつけることでAurora Stationは拡張させることができ、収容人数を増やすことが可能という。

ゆくゆくは、“宇宙マンション”を建てる構想も温めているようだが、現時点では打ち上げにどこのロケット会社を使うかなど詳細は不明で、ホテルの実現性についても不透明な部分を残している。

とはいえ、近年、民間ロケット会社による宇宙開発が活発になってきているのは事実で、宇宙ホテル開業というのもあながち夢物語ではなさそう。

Orion Spanは現在、サイトで宇宙旅行の予約を受け付けていて、予約金は8万ドル(約860万)となっている。

Orion Span

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。