体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、4K 60fps対応のスティック型Android TVデバイスを開発中

Google が Chromecast のようなスティック型の Android TV デバイス「Android Media Box」を開発していることが FCC の認証情報より明らかとなりおました。
FCC で公開されたマニュアル等の資料によると、Android Media Box は Chromecast のようにテレビの HDMI 端子に差し込んで使用する Android TV デバイスで、製品には Android TV Voice Remote と呼ばれる Bluetooth リモコンが同梱する模様です。
また、HDMI 2.0a と HDCP 2.2 対応で、4K@60fps に対応した Amlogic S905X Cortex-A53 クアッドコアプロセッサ、2GB RAM、8GB ROM、Android 8.0 Oreo を搭載しています。
Google の Android TV デバイスというと Nexus Player が存在していますが、既にこの製品はアップデートが打ち切られており、もはや現役マシンとは言えません。
Nexus Player の後継モデルを Amazon FireTV Stick にぶつけるつもりなのかもしれません。
Sourec : FCC

■関連記事
Etorenで「ASUS ZenFone 5」と「Huawei P20 Pro」の販売がスタート
ソフトバンク回線のMVNOサービスでテザリングが利用可能に
Sony、Xperia Ear Duo XEA20を4月21日に国内発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。