体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台北で人気の新カフェスタイル!ドライフラワーカフェとは?

台北で人気の新カフェスタイル!ドライフラワーカフェとは?

実はオシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからなくなりますよね。

今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介します。ドライフラワーカフェは、生花だけでなく、手作りのドライフラワーがいっぱい!もちろん、料理のお味や見た目も人気の理由です。

ガイドブックとは一味違う、Pinkoiおすすめのカフェをお見せしましょう。

✿ 森の中にいるような気分に

『儲房咖啡館(チュウファンカフェ)』

台北MRTの松江南京駅から歩いて5分ほどの『儲房咖啡館』は、Pinkoiがずっと気になっていたカフェです。さっそく店長のIrisさんにお会いすることに。

静かな住宅街にあるこちらのカフェ、お店の正面は全面ガラス窓で、暖かな日差しが店内を照らしています。台北で人気の新カフェスタイル!ドライフラワーカフェとは? ドアを開けると、色鮮やかなお花がたくさん並んでいます。おいしそうな匂いも漂う中、店長のIrisさんがカウンターのカフェマシーンのうしろからあいさつをしてくれました。台北で人気の新カフェスタイル!ドライフラワーカフェとは?

『儲房咖啡館』はIrisと阿寶(アーバオ)で開業しました。ふたりともカフェ、料理、ベーキングに興味を持っており、長年の仕事の経験と人生経験を活かして、このカフェを開店。名前を『儲房』にしたのは、経験を積み重ねるという意味からだそうです。

お店の左側には、花器、お皿、食器が置いてあるの木製ラックが。ここは小さなセレクトショップのような一角で、店長がピックアップしたコーヒーポット、コップなど、ちょっと和風テイストの雑貨などがいっぱい。台北で人気の新カフェスタイル!ドライフラワーカフェとは?

右側には花が活けられた花瓶とドライフラワーブーケ、盆栽が。ここが『椛花⼯作室』です。

店長曰く、「わたしたちにとって、植物の本来の姿を活かして、自然のイメージとオリジナルなストーリーでアレンジして作ったものが華道なんです。ですから、カフェを開業する時からお花の工房を併設したかったんです。店内のディスプレイも季節感を大事しています」だそう。

 

 台北で人気の新カフェスタイル!ドライフラワーカフェとは?台北で人気の新カフェスタイル!ドライフラワーカフェとは? 店内の3分の1のスペースを占めている長いカウンターも印象深いもの。コーヒーマシンやデザート棚、いろんなベーキング道具が置いてありますが、オープンスペースなので、お客さんとの距離感を縮めることができるそう。台北で人気の新カフェスタイル!ドライフラワーカフェとは?台北で人気の新カフェスタイル!ドライフラワーカフェとは?

店内のところどころには植物とドライフラワーが。思わずSNSにアップしたくなりますよね。

おすすめドリンク&フード

台北で人気の新カフェスタイル!ドライフラワーカフェとは?
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy