体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【猫との暮らし】都心から練馬のメゾネット賃貸へ引っ越し。猫が吐かなくなった理由とは?

引っ越しによって猫が元気に! 家族の楽しみもできた

猫と一緒に引っ越す時、優先するべき条件に迷う方もいるのでは? 完全室内飼育なら周辺環境は関係ない、と思いがち。ところが状況によっては猫の体調が改善することもある。

都心の高層マンションから練馬区のメゾネット賃貸物件へ引っ越した小林さんによれば、愛猫の原因不明の嘔吐がピタリと治まったという。さらに小林さん夫婦にも生活の楽しみができたとか。引っ越しのエピソードや現在の暮らしぶりを聞いてみよう。
日当たりのよい窓辺がミミのお気に入りスペース。日差しに三毛が映える。おやすみ中に失礼!|【猫との暮らし】都心から練馬のメゾネット賃貸へ引っ越し。猫が吐かなくなった理由とは?

日当たりのよい窓辺がミミのお気に入りスペース。日差しに三毛が映える。おやすみ中に失礼!プロフィール

名前:小林さん
職業:会社員
居住形態:夫婦2人とミックス2匹
猫にかかる月々の費用:2万5000円(医療費含む)物件データ

所在地:東京都練馬区
家賃:12万円8000円
間取り:2LDK(58㎡)
築年数:29年猫プロフィール

ミミ(メス・推定10歳):フレンドリー
バロン(オス・6歳半):食いしん坊大家さんに交渉して多頭暮らしを実現した

「猫たちは秋葉原の高層マンションに住んでいた時に迎えたんです。当時は『職住は近いほうがいい』と思っていて、利便性を優先した部屋でした。でも夫婦で転職したのを機に、3年半前に練馬区へお引っ越し。人間だけなら“駅からの距離”“部屋の広さ”“家賃”の3つで決めますよね。でも猫可物件が最優先なので、駅近はあきらめました」(小林さん)

1LDK以上の猫可物件を探したところ、なんと3件のみ。選択肢の少なさに小林さんは驚いたが、庭付きのメゾネットに興味を惹かれた。しかし飼育頭数の規約は1匹。「大家さんと交渉したら、敷金3ヵ月で2匹OKになりました!」と小林さん。猫たちがおとなしい性格なので、「1匹でも2匹でも変わらない」とはっきり言えたのも功を奏した。
まるで口ひげを生やしたような模様のバロン。ハチワレのイケメンだ|【猫との暮らし】都心から練馬のメゾネット賃貸へ引っ越し。猫が吐かなくなった理由とは?

まるで口ひげを生やしたような模様のバロン。ハチワレのイケメンだ

練馬区のメゾネット賃貸物件に住み始めてから、思いがけないうれしい変化があったという。

「秋葉原に住んでいた頃はミミがよく吐いていたんです。動物病院で何度も診てもらいましたが原因不明でした。でも引っ越してから吐かなくなり、元気になったんです! 前は高速道路に近い高層マンションだったので、人間にはわからなくても揺れや音が気になっていたのかもしれません。今の家は周囲が静かなので、良い影響があったようです」(小林さん)

引っ越し後に小林さんはバイクの免許を取り、外出を楽しむようになった。「主人の職場も近くなって、家族全員の生活の質が向上しました」とうれしそう。誤飲対策のためゴミ箱の形状や料理の保管場所を工夫

引っ越しで快適な猫との暮らしを手に入れた小林さんだが、目下の悩みの一つが、食いしん坊なバロンの誤飲防止対策だ。

「動物病院でバロンが太っていると言われてしまったんです(笑)。それでごはんを減らしたら、ゴミ箱を漁るようになってしまって……。今は蓋つきのゴミ箱に変えましたが、それでもあきらめないので、留守にする時はゴミ箱をトイレの中に移動しています」(小林さん)
ゴミ箱は蓋にストッパーが付いたタイプに変更し、留守にする時はトイレへ移動。猫の誤飲防止対策のため、ペダルで蓋が開くタイプには生ゴミを入れないようにしている|【猫との暮らし】都心から練馬のメゾネット賃貸へ引っ越し。猫が吐かなくなった理由とは?

1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。