体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

社会人一年目のあるある漫画「社会人始めました」が脱力系でちょうどいい!

 誰しも必ず訪れる社会人一年目。新入社員時代を描いたプラ子さんのエッセイ漫画「社会人始めました」が、さまざまな方から共感を呼んでいるようです。

 漫画は全部で4部構成。「入社式にはバッチリメイクで臨んだ、ある日の朝、会社の同期たちは仲が良い、帰る前に所属部署の人に挨拶をする」と、どれも新入社員の頃を思い出すあるあるネタばかりです。

■入社式にはバッチリメイクで臨んだけど……翌日からは?

 入社式(入社1日目)は、バッチリメイク。翌日(入社2日目)の朝はというと……、途切れた眉毛が印象的なノーメイク。出社するギリギリまで寝て、「高速着替えからの駅まで競歩」の日々が始まったのです。

 そして4月も終わる頃、前々からプラ子さんのノーメイクを気にしていた同期の子が「どうしてプラ子ちゃんはお化粧しないの? そういう主義なの?」と不思議そうに問いかけます。当のプラ子さんは「なんの主義もないけど」と思いつつも、周りからこういわれてしまっては、やらないわけにもいかなくなり、これ以降メイクをして出社するようになったとか。

■偶然会いすぎるのも困りもの

 エレベーターで同じ会社の社員にバッタリ!出社時、あまりにも仕事上の関わりが薄い社員と一緒になると気まずいですよね。……あるあるこういうこと。しかし、ある時には給湯室でまたバッタリ。トイレから出てきた先でもバッタリ。

 偶然が積み重なっただけですが、こんなにもバッタリ会い過ぎたら、もしかしてこれが運命?なんて一瞬ぐらい考えそうですが、意中でない相手なら毎回同じ社員に出くわすのも考えもの。色々疑ってしまいそうです。

■会社の同期たちは仲が良い

 「みんなで仕事終わりにメロン飲みにいこ~」と一人の女の子が同期全員をスタ〇に誘います。

 そして仕事終わり。プラ子さんは、同期たちにはわき目もふらず、そそくさと一人でつけ麺を食べにお店へ。「時間とお金は有限なんだから」「仕事以外は好きにさせてもらおう」協調性とは……と続きます。

 確かに、職場では協調性も大事ですが、集団行動があまりにも行き過ぎてしまうと会社に居ずらくなる原因にも!昨今では、上司に飲みに誘われても、潔く断る新入社員も大勢いるとかいないとか。筆者も、仕事以外は好きにさせて派なので、この気持ちはわかります。

■新社会人ならではの言い間違い 帰る前の挨拶のつもりが……

 帰る前、ある先輩社員に対し「お先に失礼します」と伝えるつもりが「最後の挨拶に伺いました」とまるで退社するかのような語弊ある挨拶をしてしまったプラ子さん。先輩社員も思わず「わっ」と驚きの声をあげます。「プラ子さんに会うのも、今日で最後というわけですか」と答える先輩社員。

 でもプラ子さんは「お先に失礼します」と伝えたつもり。逆に慌てて「そんなことおっしゃらずに毎日会いましょうよ」とこれまた語弊発言で食い下がってしまいます。最後は「会社で!」と誤解を解きますが、使い慣れない言葉で先輩社員を翻弄してしまったプラ子さんなのでした。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy