体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ESTA申請は公式サイトから!アメリカ大使館が模倣サイトへの注意喚起ムービーを公開

4月4日にアメリカ大使館の公式アカウントが、ESTA申請を促す模倣サイトへの注意喚起の動画をYouTubeに公開しました。

アメリカへの渡航を予定されている方は、模倣サイトにご注意ください!

アメリカ大使館は、電子渡航認証(ESTA) 申請手続きについて解説し、ESTA模倣サイトについて注意喚起するビデオを公開しました。The Embassy has released step-by-step instruction on how to apply for ESTA and avoid common pitfalls. https://t.co/3bzXORmrUH ✈🇺🇸pic.twitter.com/v5qDOL2fOe

— アメリカ大使館 (@usembassytokyo) 2018年4月5日

 

ESTA申請とは

photo by pixta

ESTAとは、アメリカへビザなしで90日以内の観光、または商用目的で旅行する際に、事前にオンラインで申請しなくてはいけない電子渡航認証システムです。

photo by esta.cbp.dhs.gov

ESTAが必要な場合にも関わらず、忘れてしまったりなどで申請せずにアメリカへ渡航すると、入国を拒否されてしまいます。
■詳細情報
・申請が必要な人:アメリカへビザなしで90日以内の観光、または商用目的で旅行する人
・申請料金:14ドル
・公式サイトURL:https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e1s1

 

ESTA申請の公式動画がこちら

その1

YouTubeに公開されたESTA申請手続きをまとめた動画がこちら!

模倣サイトからESTAを申請すると余計な代行手数料がとられたりしますが、公式サイトから申請すれば負担するのは14ドルのみ。公式サイトのほうが確実ですし、安心です。

その2

ESTAの申請は3日前には済ませておきましょう。なぜかというと、審査期間というものがあり、万が一審査が通らなかった際にはアメリカへ入国することができないからです。

ほとんどの場合は申請欄に問題がなければ入国できますが、前日や当日に申請していては”審査期間”と被ってしまい、飛行機に搭乗できない可能性があるので注意しましょう。

公式サイトと模倣サイトの見分け方は、サイトのURLにdhs.govがあるかどうかです。

 

ESTAの申請は公式サイトから!

アメリカ以外の渡航ではこのような電子渡航認証システムがまだないため、不慣れな方も多いかと思います。

今回アップロードされた動画を見れば申請は何も難しいことはありません。公式サイトから申請をし、存分にアメリカを楽しんでくださいね!

関連記事リンク(外部サイト)

映画で見た世界!?ロサンゼルスにある、アメリカンでクールなスポット紹介
海外都市をテーマにしたラスベガスのホテルを拠点に観光しよう!
バンコク往復33,000円〜!タイ国際航空がタイムセールを7月20日(木)〜26日(水)で開催中
フロリダのオススメ観光スポット21選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。