体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゆっくり飲んでもおいしさ続く!アルコール7%の新ビール誕生


ビールの新たな可能性!アサヒビールより、ゆっくり楽しめるアルコール7%のビール「アサヒ グランマイルド」が登場!

「アサヒ グランマイルド」は、これまでのビールにはない新たな需要を創出するため、“おいしさの持続性”や“高アルコール”といった、時間をかけゆっくり楽しむ飲用価値を追求。これまでの高アルコールビール類は、時間の経過と共に“もったりとした穀物香”や“アルコール臭”が際立ってくるといった特性があり、ゆっくり時間をかけて楽しむことが難しいとされていた。

そんな課題を、2つの特許技術を活用し解決。1つは、今年4月のビールの定義の改正で使用可能となった副原料を使い、香気をコントロールすることで、主に“もったりとした穀物香”の低減を可能にする技術。もう1つは、原料となる麦芽から“アルコール臭”を抑制する効果のある成分を抽出する技術だ。

「アサヒ グランマイルド」は、この2つの技術を活用することで、食後などのくつろぎのシーンと相性の良い、柔らかなコクが続く味わいを実現した。

「アサヒ グランマイルド」は、4月17日(火)より発売。“SLOW BEER SLOW LIFE”な新ビールを、ゆっくりと楽しんでみて。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy