体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホを胸に当てるだけで、脳梗塞のリスクを下げる「アプリ」

スマホを胸に当てるだけで、脳梗塞のリスクを下げる「アプリ」

スマホを使って「ガン」を発見できる製品も開発されている。ほとんどの人が持っているデバイスに最適化することで病気のリスクは減らせるのではないか、という考えがあるのだろう。

フィンランドのトゥルク大学が発表したプロジェクトは一歩進んで、脳梗塞を予防するアプリをリリースする予定だ。つまり、特定のデバイスを購入する必要がない。

診断方法は
スマホを胸に当てるだけ

トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と使い方も簡単だ。

特別な機械を用意せずとも心房の動きを測定できる理由は、ほとんどのスマホに搭載されている加速度センサーにある。「手ぶれ補正」の際に役立っている、あれだ。

スマホに付いているような小さな機械でも、心房細動を発見できるようにと構想したのが2011年。約7年の歳月をかけて、心臓の動きを捉える技術をアプリに詰め込んだ。

脳梗塞を予防する方法が、アプリをダウンロードして胸に当てるだけとなれば、検査のハードルはぐっと下がる。

もちろん根本的な解決にはならないかもしれないが、自分の健康にこれまで以上に気をつかえることになる。病院に行ったときにはすでに病が進行していた、なんて状況も防げるようになるだろう。Licensed material used with permission by University of Turku

関連記事リンク(外部サイト)

慶應大が発明した、「不整脈・脳梗塞」の早期発見に役立つアプリ
逆転の発想で、寝不足を改善するアプリ。
ARで自宅にアーティストを招く音楽アプリ。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。