体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カート・コバーン、デヴィッド・ボウイらロック・スターの手書き文字がフォントに

カート・コバーン、デヴィッド・ボウイらロック・スターの手書き文字がフォントに

 ロック・スター崇拝の新しいフロンティア、それはフォント。

 “Songwriters Fonts(ソングライター・フォント)”という名のプロジェクトが、カート・コバーン、デヴィッド・ボウイ、ジョン・レノン、レナード・コーエン、セルジュ・ゲンスブールを含む今は亡きロック・レジェンドたちの手書きの筆跡を用いてダウンロード可能なフォントを作成した。

 それぞれのフォントは“個人利用のみ”という免責事項と共に、各ソングライターの“オリジナルの手書きの手紙やメモ”から作られた。ウェブサイト上には、このギミックはソングライターたちへのミューズとしてデザインされたと記載されている。

 「ソングライター・フォントはミュージシャンたちへのインスピレーションになるように作られたものです。影響力のあるソングライターたちの手書きフォントを使用して歌詞を書くことは、想像力を高める手助けになります。ボウイ、コバーン、コーエン、ゲンスブール、レノンのムードに浸ることは、単純に想像にふけるということかもしれません…しかし、それこそがまさにポイントなのです。」

 ということは、このツールにより歴史上でもっともコピーされてきたソングライターたちの想像を盗む手助けになってしまうのでは?これをより慈善的なものにするため、どう面白くクリエイティブな方法で使用することが出来るのだろうか。だが人々は、これらのフォントを主にファン・フィクションを書くために使用するのではないかと想像できる。

◎ソングライター・フォントのダウンロードURL
https://www.songwritersfonts.com/

関連記事リンク(外部サイト)

コートニー・ラヴ、故カート・コバーンへ誕生日メッセージ
英アイルズベリーに設置のボウイ像、除幕から48時間以内に汚される
デヴィッド・ボウイ、幻のベスト・アルバムが約35年の時を経て最新リマスター

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。