体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KAMASI WASHINGTON、最新アルバム『HEAVEN & EARTH』がリリース決定 新曲2曲が先行配信

KAMASI WASHINGTON、最新アルバム『HEAVEN & EARTH』がリリース決定 新曲2曲が先行配信

 カマシ・ワシントンの2ndアルバム『HEAVEN & EARTH』が、6月22日にリリースされる。

 新世代ジャズ黄金期の象徴として、特別な存在感を放ち続けるカマシ・ワシントン。2015年のデビュー作『The Epic』に続く、待望のセカンドアルバム『Heaven & Earth』は、『Earth』盤と『Heaven』盤の2枚組で構成されており、今回の発表に合わせて『Earth』盤収録の「Fists of Fury」、そして『Heaven』盤収録の「The Space Travelers Lullaby」の2曲が先行配信され、イギリス人アーティスト/監督のJenn Nkiruによる鮮やかな短編映像がそれぞれ公開されている。

 本作のレコーディングのため、カマシは自身のバンド、ザ・ネクスト・ステップと、新世代ジャズ勃興の出発点と言えるザ・ウェスト・コースト・ゲットダウンをロサンゼルスのヘンソン・スタジオに召集し、『Heaven & Earth』を構成する16曲をレコーディングした。作曲と編曲はカマシが行い、新たなオリジナル楽曲はもちろんのこと、ビーボップのレジェンド、フレディ・ハバードの「Hubtones」、さらに伝説の映画『ドラゴン怒りの鉄拳』のテーマ曲のカバーや、バンドメンバーのライアン・ポーターによる曲も含まれる。

 また本作には、サンダーキャット、テラス・マーティン、ロナルド・ブルーナー・ジュニア、キャメロン・グレイヴス、ブランドン・コールマン、マイルス・モーズリー、パトリース・クイン、トニー・オースティンなど豪華な面々を含む多数のミュージシャンが参加している。

 なおカマシ・ワシントンは、8月18日に【SUMMER SONIC 2018】への出演が決定している。

◎カマシ・ワシントン コメント全文
私の心が宿る世界は、私の心の中にある――この考えがアルバム『Heaven and Earth』を作るインスピレーションとなった。私たちが経験する現実は、我々の意識が作り上げたものに過ぎないが、そもそも我々の意識は、その経験をもとに現実を作り上げる。私たちは自らの宇宙の創造者であると同時に、自らの宇宙の創造物でもある。本作における『Earth』のパートは、私が “外向き” に見る世界を表現している。つまり私が存在している世界である。『Heaven』のパートは、私が “内向き” に見る世界、つまり私の中に存在している世界を表している。私が何者であるか、そしてどんな選択をしていくのか。その答えは、それら2つの世界の間にある。
– カマシ・ワシントン

◎リリース情報
『Heaven and Earth』
2018/6/22 RELEASE
<CD Box Set 輸入盤>
YT176 7,200円(tax out)
<2CD 輸入盤>
YT176CD 2,000円(tax out)
<Tracklisting>
≪Earth≫
1. Fists of Fury
2. Can You Hear Him
3. Hub -Tones
4. Connections
5. Tiffakonkae
6. The Invincible Youth
7. Testify
8. One of One
≪Heaven≫
1. The Space Travelers Lullaby
2. Vi Lua Vi Sol
3. Street Fighter Mas
4. Song For The Fallen
5. Journey
6. The Psalmnist
7. Show Us The Way
8. Will You Sing

関連記事リンク(外部サイト)

カマシ・ワシントン、6つのパートからなる新作EPを今夏リリース&新曲も公開
ダニー・ブラウン/RATMザック/カマシら参加! 揺るがぬポリシーが幅広い層に支持される『ラン・ザ・ジュエルズ3』(Album Review)
カマシ・ワシントン最新インタビュー~組曲『ハーモニー・オブ・ディファレンス』のコンセプトを語る

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。