体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

agehaspringsの会員制研究室『agehasprings The Lab.』第一期研究員入会受付が4/23スタート

agehaspringsの会員制研究室『agehasprings The Lab.』第一期研究員入会受付が4/23スタート

 2018年春よりオープンするagehaspringsの研究室『agehasprings The Lab.』の第一期研究会員入会一般受付が、共創体験型プラットフォーム「WIZY」にて4月23日12:00よりスタートすることが発表された。

 音楽プロデューサー・玉井健二主宰のもと、蔦谷好位置、田中ユウスケ、田中隼人、百田留衣など多数のヒットメーカーを擁し、数々のヒット曲を創出し続けるプロデューサー集団・agehasprings。『agehasprings The Lab.』は、そんなagehaspringsがプロデュースする会員制の音楽×ポップカルチャー研究室(コミュニティ)だ。ここではagehaspringsのクリエイター達も研究員であり、スタッフも研究員であり、入会する方も研究員となって共に音楽を研究し、日本の音楽カルチャーを世界に届けるという思いのもと、当プロジェクトが始動する。

 agehaspringsは2017年6月より気鋭のクリエイター陣が出演する『agehasprings Open Lab.』という開かれたワークショップイベント・トークセッションイベントを開催してきたが、これまでのイベントは参加応募開始して早々に定員に達してしまうほどの好評を博し、極めて熱量の高い参加者が集まった。そういった経緯と背景があり、この会員制の音楽×ポップカルチャー研究室(コミュニティ)の構想に至ったと言う。

 そしてこの春レコチョク協力のもと、オフラインでのイベントに加えてオンラインの場でも音楽の奥行き・音楽に詳しくなっていく楽しさを体感できるようなコミュニティの創造を目指し、WIZYにて『agehasprings The Lab.』の第一期研究員の募集が決定。入会特典として、5月27日開催のイベント参加権、先々予定している『agehasprings The Lab.』『agehasprings Open Lab.』などのイベントに無料で参加できる年間フリーパスとなる会員証、オリジナルグッズ他、様々な特典が用意されているとのこと。

 第一期研究員の入会金は特別価格1万円、月額無料で2018年は年3回以上のクリエイターズイベントに無料で参加できるという権利を得られるのは最大の魅力だろう。また、イベントだけではなく、WIZY上で研究員だけが閲覧できるレポートやコンテンツの提供なども展開していく予定だ。

 音楽が好きで自分には音楽しかないという人、音楽が好きな人が好きな人、クリエイター・アーティストになりたい人はもちろん、クリエイター・アーティストを支える人になりたい人、主体性を持って何かアクションを起こしていきたい人には絶好の会員制のコミュニティである『agehasprings The Lab.』。なお、過去に開催された『agehasprings Open Lab.』イベント参加申込者は特別に入会先行申込を受け付けるとのこと。また、一般受付定員には限りがあり先着順の入会となっている。

関連記事リンク(外部サイト)

【agehasprings】新曲「Change」に見る、ONE OK ROCKが世界に挑戦し続けるワケ
【agehasprings】カミラ・カベロ、日本人にも伝わるラテンミュージックの底力とは
【agehasprings】活動休止を経て完全復活した宇多田ヒカルが”現在”を歌う理由とは

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。