体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フリートウッド・マックのリンジー・バッキンガムが脱退、ツアーにはクラウデッド・ハウスのニール・フィンが参加

フリートウッド・マックのリンジー・バッキンガムが脱退、ツアーにはクラウデッド・ハウスのニール・フィンが参加

 フリートウッド・マックのリンジー・バッキンガムが突然バンドを去ったと2018年4月9日に発表されたが、秋から予定されているバンドのツアーには、ギタリストのニール・フィンが参加することになった。

ニール・フィンによる投稿

 ニュージーランド出身のフィンは、主にオーストラリアのクラウデッド・ハウスのフロントマンとしての活動で知られる。彼は声明で、「2週間前に本当に偉大なバンドの一員にならないかという素晴らしい話をいただいた。その数日後にはフリートウッド・マックと同じ部屋に立って音楽を演奏していた。フレッシュでエキサイティングに感じられた。多くの素晴らしい楽曲、驚異的なリズム・セクション、そして史上最高の声が二つ。なんと言っても僕たちは一緒にいい音が出せた。自然にフィットしていた。演奏するのが待ち遠しい」とコメントしており、Twitterでもバンドへの参加を認めた。
 
 リンジー・バッキンガムは1975年に当時恋人だったスティーヴィー・ニックスと共にフリートウッド・マックに加入し、1987年に一度脱退したが1997年に戻ってきた。再びバンドを去ることになった理由は明らかにされていないが、バンドは2018年にツアーが予定されており、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのマイク・キャンベルも参加することが発表されている。

◎ニール・フィンによる投稿
https://twitter.com/NeilFinn/status/983437124606115842

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク「ゴッズ・プラン」1位で記録更新、ザ・ウィークエンド新曲は4位デビュー
『4月10日はなんの日?』90年代音楽シーンを代表するトップ・プロデューサー、ベイビーフェイスの誕生日
ハイエイタス・カイヨーテの3人による即興プロジェクト、スウーピング・ダックの日本初公演にネイ・パームの参加が決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。