体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GReeeeN、新曲「恋」×映画『ママレード・ボーイ』スペシャルコラボMV公開

GReeeeN、新曲「恋」×映画『ママレード・ボーイ』スペシャルコラボMV公開

 GReeeeNのニューアルバム『うれD』に収録の新曲「恋」と映画『ママレード・ボーイ』のスペシャルコラボミュージックビデオが公開となった(https://youtu.be/MzzVhsLmiMQ)。

 本日4月11日にニューアルバム『うれD』をリリースし、7月より全国13都市20公演でのツアー【GReeeeNと不思議のももがたり~おこしにつけたきびだんご~】の開催が決定しているGReeeeN。今回公開されたのは、そのニューアルバム『うれD』に収録されている「恋」と映画『ママレード・ボーイ』のスペシャルコラボミュージックビデオとなっている。

 シリーズ累計1000万部突破の大人気コミックの実写化で話題の映画『ママレード・ボーイ』
(桜井日奈子・吉沢亮主演/4月27日、全国ロードショー)。本映像は「“ママレ”と言えばとこれ!」と謳われるほどの原作漫画で印象の深い名シーン、<保健室でのキス>から始まる。両親のパートナーチェンジ、そして再婚から始まった突然の光希と遊の同居生活。

 ビデオでは「泣いたり笑ったり、いつも一生懸命で素直なキミに恋をした」と遊の恋心が伺える言葉と共に、むじゃきな笑顔を見せながらふざけ合ったりと、2人が次第に距離を縮めていく様子が映し出されるが、「でも、ごめん――」との言葉と共に涙する遊の姿もあり、涙の秘密はぜひ本編でチェックしたい。

 新曲「恋」は、聴いてくれた人に「2人出会えたキセキに感謝して、そばにいる大切な人に、これからも気持ちを伝え続けてほしい」という思いを込めて作られた楽曲。本映像には恋の楽しさが大切に込められ、相手を一途に想う気持ちがもたらす、切ないドラマチックな展開を予感させるものとなっており、新曲「恋」がやさしく包み込んでリンクした仕上がりとなっている。

◎リリース情報
アルバム『うれD』
<初回限定盤A(CD+DVD+オリジナルVRスコープ)>
UPCH-7400 5,980円(tax in.)
<初回限定盤B(CD+DVD)>
UPCH-7401 3,980円(tax in.)  
<通常盤(CDのみ)>
UPCH-2153 3,000円(tax in.)

関連記事リンク(外部サイト)

GReeeeN、映画プロジェクト第2弾『愛唄』で脚本デビュー 主演は横浜流星
ゆず新曲「イコール」は北川悠仁×GReeeeN共作! リリックムービー公開
GReeeeN新曲、スポーツニュース『S-PARK』テーマソングに決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。