体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

松任谷由実、ベスト収録楽曲をイメージしたカクテルが<DRAWING HOUSE OF HIBIYA>に登場

松任谷由実、ベスト収録楽曲をイメージしたカクテルが<DRAWING HOUSE OF HIBIYA>に登場

 この春、東京で最も注目の新たなランドマーク・東京ミッドタウン日比谷にオープンした<DRAWING HOUSE OF HIBIYA(ドローイング ハウス・オブ・ヒビヤ)>と、松任谷由実45周年記念ベストアルバム『ユーミンからの、恋のうた。』のスペシャルコラボレーション企画が決定した。

 ドローイングは、東京ミッドタウン日比谷の空中庭園「パークビューガーデン」を囲む、開放感溢れるガーデンレストラン&ティールームだ。テラスからは皇居外苑、日比谷公園を眺めることができ、ユーミンゆかりの帝国劇場やニッポン放送も近くに位置するロケーションとなっている。

 そのドローイングのスタッフが、ベストアルバム『ユーミンからの、恋のうた。』の全45曲を聴き、楽曲の歌詞やメロディーからイメージしたスペシャルなカフェ・カクテルメニュー7種を考案。セレクトされたのは「瞳を閉じて」「ジャコビニ彗星の日」「スラバヤ通りの妹へ」「きっと言える」「街角のペシミスト」「満月のフォーチュン」「無限の中の一度」の7曲で、どれも見事に楽曲とカクテルの素敵なマリアージュを醸し出している。

 また、7種のカクテルは、ユーミンの45周年記念して、これまでにリリースされたオリジナルアルバム全38作品のジャケットを使用したコースターで提供され、70年代からの様々なアートディレクターが手掛けたビジュアルが楽しめるようになっている。

 更には、これまで数々のユーミンを撮り下ろし、今作のベストアルバムのジャケットも手掛けた、世界的写真家 レスリー・キーによるユーミンの未公開の写真を店内のシェフズテーブルのスペースに展示。レスリーの作品の中でもよりアートなユーミンの作品が展示されている。

◎イベント情報
【『ユーミンからの、恋のうた。』×DRAWING HOUSE OF HIBIYA】
2018年4月11日(水)~24日(火)
スペシャルカフェ・カクテルメニュー 全7種類

DRAWING HOUSE OF HIBIYA(ドローイング ハウス・オブ・ヒビヤ)
11:00~23:00(ランチ 11:00~14:30L.O./ティータイム 14:30~17:30/ディナー 17:30~22:00L.O.)

関連記事リンク(外部サイト)

松任谷由実「ただわけもなく」が4/10オンエアの「明治ヨーグルト」CM曲に
松任谷由実『SONGS』で第2の故郷・金沢を案内! なぜ45年も時代の最先端を駆け抜けてこれたのか?
松任谷由実の最新ツアーは“タイムマシーン”! 伝説のステージが蘇る

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。