体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元・大関、把瑠都「日本人とケンカしたらダメだ」と思った理由

元・大関、把瑠都「日本人とケンカしたらダメだ」と思った理由
J-WAVEで放送中の番組『ANA WORLD AIR CURRENT』(ナビゲーター:葉加瀬太郎)。4月7日(土)のオンエアでは、元・大関でタレントや格闘家として活躍する把瑠都さんが登場。生まれ故郷・エストニアのお話を伺いました。

■「日本人とケンカしたらダメ」と思っていた理由

把瑠都さんは1984年エストニア生まれ。2004年の5月場所でエストニア人初力士として土俵を踏み、異例のスピード出世を経て、2012年1月場所では幕内最高優勝を果たします。その後、ケガなどが原因で、2013年9月、28歳で相撲界を引退。現在は、タレント、俳優、格闘家、実業家として活躍中です。先日は、初の連続ドラマ出演として、NHK『弟の夫』でゲイ役を演じて話題になりました。

そんな把瑠都さんに、初来日したときの思い出や、日本のイメージについて訊きました。

把瑠都:初めて日本に来たのは、19歳のとき。小さい頃からサムライの映画をよく観てたので、飛行機を降りたら、刀を持ってる人が数人歩いてるんじゃないのかと思ってました。あと、柔道や空手もみんな強かったから、みんな格闘技をやってるんじゃないかと。「絶対仲よくしよう」と思ったんですよ。ケンカしたらダメだなと。

■高校3年生の把瑠都「いってきます。サムライのいるところに」

相撲界に入ったきっかけは……。

把瑠都:僕はもともとバスケットをやっていて、それあと柔道をはじめたんです。体が大きくなって身長も伸びたから体が重くて、バスケじゃダンクもできないんですよ。それで柔道をはじめて。柔道をやっていた先生が相撲好きで、本人はやったことないのに「相撲の練習をしよう」と。それでまわしをしめてやってみて、面白いなと。

高校3年生の夏には、相撲の大会がありました。

把瑠都:そこに日本からも学生の力士とコーチが来たんですよ。そのコーチに「いい体してるから、日本の相撲に入れば」って話しになって。それで2カ月後、飛行機のチケットが送られてきて。もう行くしかないって、お母さんに「いってきます。サムライのいるところに」と。日本語は「さよなら」と「げいしゃ」しか喋れなかった。

■エストニア人と日本人の共通点

では、故郷・エストニアはどんなところなのでしょうか?

把瑠都:バルト三国は似てるんですよ。山がなくて自然が多い。バルト海が近いから空気がおいしいし、緑が多い。僕は首都・タリンから、130キロメートル離れたロシアに近いところに住んでいて。タリンは都会ですね。旧市街があって、世界遺産になってるんだけど、毎年、世界遺産を見に来る人だけでも1500〜1600万人はいて。(中略)エストニア人は日本人と似ていて、普通にコミュニケーションをとるのは恥ずかしいんですけど、「飲みニケーション」になると、すごくしゃべるんです。

最後に、「把瑠都さんにとっての旅」について訊くと「今は旅行とか番組とかで旅しているから、相撲のときの巡業とは違う。会ったことがない人に会うことができる、本当の旅ですね」と話しました。これからの把瑠都さんにも注目です。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『ANA WORLD AIR CURRENT』
放送日時:土曜19時−19時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/worldaircurrent/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。