体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

立って入る絶景露天風呂で、海とひとつになる【沖縄離島の琉球温泉】

【沖縄離島の琉球温泉】沖縄ブルーの海とひとつになる絶景露天風呂
©PR TIMES

国内人気旅行先で常にトップ3に入る、沖縄。沖縄の魅力には、国内でありながら海外リゾートの雰囲気、透き通った青い海、南国の過ごしやすい気候、新鮮で甘いフルーツなどがあります。さらに、沖縄に温泉があったら完璧ですよね。実は沖縄にも温泉があるのです。しかも、那覇空港近くというアクセスの良さ。沖縄で温泉とは、とても新鮮な感じがしませんか。気になりますよね。

沖縄に温泉があるって本当?

【沖縄離島の琉球温泉】沖縄ブルーの海とひとつになる絶景露天風呂
琉球温泉 龍神の湯
© PR TIMES

瀬長島の地下1,000mから毎分500ℓの湯が湧き出る、ナトリウム一塩化物強塩泉の天然温泉「龍神(りゅうじん)の湯」。保湿力が高く、身体が芯から温まる「美肌の湯」と言われています。女性には嬉しいですよね。雰囲気の異なる「金龍の湯」「銀龍の湯」に分かれ、それぞれ日替わりで男湯・女湯が入れ替わるのも楽しみ。沖縄一の夕日が眺望出来る絶景オーシャンビューの温泉です。南国特有の強い紫外線が気になるところですが、日除けネットが施されていますので、安心してゆっくりお湯に浸かれますよ。

那覇空港から車で約10分のアクセスの良さ

【沖縄離島の琉球温泉】沖縄ブルーの海とひとつになる絶景露天風呂
瀬長島
©沖縄観光コンベンションビューロー 

那覇空港から海中道路で繋がっている、周囲1.8kmの小さな離島「瀬長島」。離島なのに、那覇空港から車で約10分とアクセスの良さが人気。「琉球温泉瀬長島ホテル」は、テレビやメディアでも取り上げられることの多い人気のホテルです。

ツボにも効く「壺湯」

【沖縄離島の琉球温泉】沖縄ブルーの海とひとつになる絶景露天風呂
独り占めできる「つぼ湯」
©PR TIMES

温泉を独り占め出来る「壺湯」は、頭を少し反ると壺の縁が首のツボにあたって、心地よい刺激。温泉に浸かって、疲れが癒されていきますね。

圧倒的人気の絶景「立湯露天風呂」

【沖縄離島の琉球温泉】沖縄ブルーの海とひとつになる絶景露天風呂
©琉球温泉 瀬長島ホテル 

120センチほどの深さの立ち湯が一番人気。露天風呂に浸かるあなたの目前は、素晴らしい海原が広がっています。遮るものは何もなく、まるで海に浮かんでいるよう。「絶景立湯に入るために来た」というファンも多いのです。

昼間は沖縄ブルーの海、サンセット時には沖縄一の夕日、夜間には星空が眺められます。

お花が浮かぶこともある内湯

【沖縄離島の琉球温泉】沖縄ブルーの海とひとつになる絶景露天風呂
©PR TIMES

絶景の露天風呂も良いけれど、内湯もお見逃しなく。毎月26日の「風呂の日」には内湯のイベントがあります。4月26日は「フラワーバスの日」で、お花が浮かぶロマンティック風呂ですよ。他にも「ソフトクリームの日」など覚えておくと得するイベントがあります。4月のデイリーイベントの詳細はこちら。最新情報は、フェイスブックでご確認くださいね。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。