体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネガティブを吹っ飛ばせ!!やたらハイパワーなモチベーションさんが話題

 何か心に引っかかる事があったり夜ぐっすり眠れなかったりイマイチ体調が良くない時など、何となく気が乗らない、病的ではないにしても憂鬱、というのは誰でもあるかと思います。こんな時に誰かが背中を押して元気付けてくれたら……そんな時に見たい漫画がSNSで話題です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ガンガンオンライン連載で単行本(全2巻)が発売されている「美味しい妖」や、「ねねね」原作の漫画家・徒々野雫(おとうさん)さんが、ツイッターに投稿した漫画が3万リツイートを超え話題になっています。

 「これぐらいのモチベーションが欲しい」というコメントと一緒に投稿されたその漫画に出てくるのは、ヒトの頭から抜け出してきたかのようなモチベーションの擬人化。モチベーションさん、「さあ今日も一日頑張るぞ!」と張り切っていますが、その背後から忍び寄る黒い影……。

 モチベーションさんの耳元で囁くそいつの正体は、ネガティブ。某探偵物のアニメの犯人みたいなその黒いヤツ、モチベーションさんの肩に手を載せて囁きます。
 「何言ってんの?頑張るなんて無意味だよ。誰もお前を見てないし誰もお前に期待してな」言い終わる前にモチベーションさんの渾身のグーパンが炸裂!ネガティブは見事に吹っ飛ばされています。

 なおも、「ど、どうせお前なんか生きてる価値ない」と抵抗するネガティブにモチベーションさん、「うるせえ」と拳銃を発砲。更に盛大に弾をネガティブに連発しつつ、「他人様がどう言おうが知った事か。俺の人生は俺が決める。グズグズ言ってねぇでさっさと死ね」。
 にこやかな割にはえらく過激……多分、完全にオーバーキル。ネガティブ、完全に息の根が止まった模様。「……ったく、ネガティブごときが調子乗りやがって」と呟くポジティブさん、殺し屋さん?もしかして殺し屋さんなの??

 その背後にさらに何かが現れました。「おやおや、ずいぶん派手に暴れてますね」にこやかな顔のモチベーションさんが振り返るとそこには、やはり真っ黒ずくめのネガティブの仲間たちが。「社会の恐ろしさ、思い出させてあげますよ」とその黒いやつら。評価や悪口、批判やルサンチマンやツイッター(え?)などが束になってやってきた!

 さすがに頭にきたらしいモチベーションさん、こめかみに血管浮かせながら「上等じゃねぇか。お前ら全員ぶっ殺してやんよ!」とにこやかな顔もそのままに殴り掛かっていきます。コマの最後には「これくらいのモチベーションが欲しい~~」

 思わず「次号へ続く!」という文字がないか探してしまったんですが、分かりみあり過ぎる……。気持ちが落ちそうな時って周りの目や評価、色んな事が気になるし「どうせ私がやったとしても」って気持ちにやさぐれる事もあったりするもんですが、こんなモチベーションがあればそんなの全部吹っ飛ばしてやる気が出そう。

これぐらいのモチベーションが欲しい pic.twitter.com/kg9EvdLV7N

— 徒々野雫(おとうさん) (@papatotono) April 7, 2018

 そしてこのツイートのリプライには、助太刀に「開き直り」と「インスピレーション」が現れたり、「モチベーション超カッコいい」「何か勇気出た」「まさにツイッターにモチベーション持っていかれそうになっているところでした」という反応が来たり、自分にプライドを持てる事は凄い事、自己満足で自分が幸せにならないと他も幸せにはならないという、自分を認める内容のリプライに好意的な反応が寄せられたりとたくさんの人が背中を押してもらった模様。もちろん、筆者も何か元気出ました。

 このモチベーションさんみたく強い心があるともっと楽に生きられそうにも思いますが、人間いつも強く元気な訳でもなく……そんな時は無理しないで休んで充電したり、誰かに助太刀頼んだり、遠慮なくお互いできる様な世の中になるといいな、と思います。

<記事化協力>
徒々野雫(おとうさん)さん(@papatotono )

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

千葉県民よ刮目せよ!埼玉ディス漫画「翔んで埼玉」実写映画化で対抗組織に「千葉」登場
「スイカの仲間ができて嬉しい!」そのおばあちゃんのひと言にほっこり!
「キングダム」実写映画化決定 作者・原泰久も「納得の脚本」

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。