体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GalaxyをPC化するドッキングデバイス「DeX Pad」5月13日にサムスンが発売

サムスンは、スマホGalaxyをPCのように使えるようにするドッキングデバイス「DeX Pad」を5月13日に発売すると発表した。

すでにサイトでプレオーダーを受け付けていて、価格は99.99ドル(約1万1000円)となっている。

・スマホをキーボードとして使える

既存のDeX Stationがお椀状だったのに対し、今回のDeX Padは名称にパッドとあるようにスマホをフラットにして置けるようになっている。

もちろん変わったのはデザインだけではない。外部ディスプレイにつなげたスマホをトラックパッドやキーボードとして使えるようになった。

DeX Stationではマウスやキーボードを別途つなげる必要があったため、大きな改善点といえる。

・大画面で作業効率アップ

当然のことながら、小さな画面より大きなディスプレイの方が見やすく、作業効率も上がる。Galaxy ユーザーで、PCは持っていないけどディスプレイならある、という人には便利なツールとなりそうだ。

また、DeX PadではUSB-Cを搭載しているので、使いながらスマホを急速充電できるのもうれしい。

ちなみに価格もDeX Stationの159ドル(約1万7000円)に比べて、お手ごろとなっている。対応スマホ機種はGalaxy S9とS9+。

Samsung

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。