体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

300種類以上から自分に合ったスペシャルティコーヒーを選んでくれるニッチな通販サイト

味と香りの豊かなスペシャルティコーヒーのみを厳選し、ユーザーの好みに合ったコーヒー豆を見つけ出してくれる、ユニークでニッチな通販サイト「Trade(トレード)」が、2018年4月、アメリカのニューヨークで開設された。

・300種類の中から自分に合ったコーヒー豆を選んでくれる

「Trade」は、米国内の一流の焙煎士とコーヒー愛好家をつなぎ、丁寧に焙煎された品質の高いコーヒー豆を、焙煎後24時間以内に、自宅に届けてくれるプラットフォーム。

日常的に利用しているコーヒー器具、砂糖やミルクの要否、好みの焙煎度合いや味、濃さなどを選んでいくと、300種類以上の中から、自分にピッタリのコーヒー豆を導きだしてくれるのが特徴だ。

コーヒー豆は、「Trade」のオンラインプラットフォームで購入でき、自宅などの指定場所で受け取ることができる。

また、「Trade」では、コーヒー愛好家の多様なニーズや好奇心に応えるべく、コーヒー器具も販売されているほか、コーヒー豆の焙煎プロセスや焙煎士の横顔を紹介したり、自宅でコーヒーを美味しく淹れるためのマニュアルなども掲載されている。

・米国でスペシャルティコーヒーの需要が増加

2001年以降、米国でのスペシャルティコーヒーの消費状況を追跡してきた米コーヒー協会によると、毎日コーヒーを飲む習慣のある消費者のうち、スペシャルティコーヒーを飲んでいる割合は2017年時点で41%にのぼり、2001年時点の14%から大幅に増加。

スペシャルティコーヒーがコーヒーの消費量全体に占める割合も、2010年時点の40%から2017年には59%にまで増えている。

このようなスペシャルティコーヒーの需要増加をうけ、「Trade」のようなニッチなプラットフォームは、スペシャルティコーヒーに特化した新しい流通チャネルのひとつとして、大いにニーズがありそうだ。(文 松岡由希子)

Trade

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。