体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

とにかく「目を引く」ゴミからできたインテリア

とにかく「目を引く」ゴミからできたインテリア

ゴミを芸術作品に変えるアーティストたち。
見るたびに彼らの発想力に驚かされますが、Boris Ballyもそのひとり。

アメリカはロードアイランド州を拠点に活動するBorisさんは、不要になったアルミ製の道路標識を再利用して、さまざまなプロダクトに作り替えています。

人に注意喚起をし続けるために生まれ役目を終えた道路標識が、新しくユーモラスな形で生まれ変わったこの作品シリーズ。エコアートの分野で多くの注目を集めています。

“目を奪われる”
ポップなアート

とにかく「目を引く」ゴミからできたインテリア

Borisさんが道路標識から作り上げるのは、アルミの大皿やプレート、椅子やテーブルなど多岐にわたります。

もともと人の目を惹きつける鮮やかな色合いを持つ道路標識は、形が変わることでさらに魅力的な作品へと変化。とにかく「目を引く」ゴミからできたインテリアとにかく「目を引く」ゴミからできたインテリアとにかく「目を引く」ゴミからできたインテリア

大皿は並べるだけでも素敵ですが、シンプルな壁に並べるとポップで映えますよね。

もともとの意味が失われ、純粋な芸術として生まれ変わったことを実感します。

ゴミに
新たな命を吹き込む

とにかく「目を引く」ゴミからできたインテリアとにかく「目を引く」ゴミからできたインテリアとにかく「目を引く」ゴミからできたインテリア

Borisさんが使用する標識はすべて不要になり廃棄されたもの。
本来ならばそのままゴミになるはずだったものをアートとして生まれ変わらせるBorisさんの功績が評価され、これまで多くのエコアートアワードを受賞しています。とにかく「目を引く」ゴミからできたインテリア

ところどころ使い込まれた跡があるのが魅力的ですよね。

インテリアの主役にしたい

とにかく「目を引く」ゴミからできたインテリアとにかく「目を引く」ゴミからできたインテリア

家具になるとまた印象がガラリ。インテリアの中心にすることで、斬新な空間づくりができそう。

もともとが標識という共通したものなので、色合いやデザインが異なっても統一感があるのがいいですね。とにかく「目を引く」ゴミからできたインテリア

コースターにすると、もうもともとが何だったのか分からなくなりますね。

でもアルファベットの羅列がなんだかキュート。雑貨屋に並んでいたら購入してしまいそう。とにかく「目を引く」ゴミからできたインテリアとにかく「目を引く」ゴミからできたインテリア

同じ色合いの標識を集めてこんなに大きな作品を作ることも。

標識というひとつのアイテムから、これだけ多くのアート作品が生まれることに改めて驚きます。

役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。

道路で注意喚起をし続けてくれていた道路標識は、どんな形になっても「命の尊さ」を私たちに伝えてくれているようです。Licensed material used with permission by Boris Bally

関連記事リンク(外部サイト)

熱中しているのは、どれだけ上手に「ゴミ」をつくれるか。
お金を払ってでも買いたい「ゴミ」
リサイクル効率UPのため、目をつけたのは「ゴミ袋」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。