体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「走ることが辛かった」元箱根駅伝ランナーが追及したのは、楽しい「RUN」カルチャーだった

「走ることが辛かった」元箱根駅伝ランナーが追及したのは、楽しい「RUN」カルチャーだった

「走る」という文化を育て、世界中の幸福度を上げたいーーそれが、株式会社ラントリップの願いです。代表取締役の大森英一郎は、元箱根駅伝のランナー。一度は走ることから身を引いた彼がラントリップを立ち上げた原点には、“タイムありきではない”走る価値への気付きがありました。

※本記事は、「PR Table」より転載・改編したものです。

素敵な道を走り、体験を共有。「走る」は幸福なカルチャーになる

▲「走ること」を楽しむカルチャーを創造したい。社名にはそんな願いが込められている

「ラントリップ」–。

その社名の由来は、サーファーがいい波を求めて友達と出かけるカルチャー「サーフトリップ」にあります。仲間と一緒に、あるいはひとりきりでも、素敵な道を求めて走ったり、時には立ち止まって景色を眺めたりと、自由に“RUN(走ること)”を楽しむカルチャーを創造したいという願いが込められています。

2015年7月に開始した、地域のおススメのランニングコースを投稿し、ユーザー同士で検索できるサービスには、これまでに国内外の様々なコースの情報が集まりました。その中には、大森が想像もつかなかったようなユニークなものもあります。

大森「最近は、恵比寿のおいしいパン屋さんをめぐるコースや、沖縄の絶景が広がる橋を渡るコースなど、既存の枠を超えた素敵なランニングコースが投稿されています。15%くらいは海外のものもあり、シンガポールの夜景を楽しむ道なども人気ですね」

さらに、ラントリップでは、「Runtrip via(ラントリップ・ヴィア)」という新しいコンセプトのファンランイベントを開催しています。ゴールの場所と時間だけを設定したうえで、参加者はアプリを片手に好きな場所からスタートし、どんなコースを走ってもいいというもの。ほかのランナーがどこを走っているかがアプリでわかり、ゴール後は参加者で交流会が催されます。

大森「普通なら、イベントでいきなり『交流してください』と言っても、なかなか仲良くはなれないですよね。ところが、『ラントリップ・ヴィア』では、『走る』という共通の興味を持った人たちが集まりますし、『どこから来たの?』『どんなコースを走ってきたの?』という会話がきっかけになるので、新しい友達をつくりやすいんですよ」

一貫して、走ることの“楽しさ”を追求している大森。しかし、かつて箱根駅伝の出場選手だった彼が走ることに求めていたものは、圧倒的な“速さ”。当時の彼にとって、走ることは「楽しさ」とはほど遠いものでした。

目標は4年生で箱根駅伝出場。有言実行までの1000日間計画

▲箱根駅伝出場時の大森。箱根駅伝出場を目標に、1000日間の計画を立て、有言実行を果たした

大森が本気で走ることに向き合いはじめたのは、大学1年生の冬。それまでの彼は、陸上部員ではあるものの、スポーツ推薦で入部した部員たちに囲まれていたため、自らが箱根駅伝の選手になるとは考えてもみませんでした。

ところが、初めて目にした箱根駅伝の光景が彼の心に火をつけたのです。

大森「1年生の時は、箱根駅伝で観客がコースに飛び出さないように注意する補助員をしていましたが、いつも一緒に練習している先輩が駆け抜けていく時に、何万人もの歓声が一斉に響いたんです。それが凄まじいエネルギーの塊のようで。それを目にして、『あっち側に立ちたい』と思うようになっていました」

ここから、大森の挑戦がはじまります。彼が目標として定めたのは、大学4年生の冬の箱根駅伝に出場するというもの。当時の彼に残された時間は1000日程度でした。遊びやバイト、さらには恋愛など、多くの犠牲をはらい練習に専念した結果、彼は目標どおり出場権を獲得します。ところが……。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。