体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【本屋大賞2018】辻村深月さん『かがみの孤城』に決定!

【本屋大賞2018】辻村深月さん『かがみの孤城』に決定!

 4月10日、東京・明治記念館で、全国の書店員が選ぶ「本屋大賞2018」の発表会が開催され、小説家の辻村深月さんの『かがみの孤城』(ポプラ社)が大賞に輝きました。辻村さんの作品は過去に3度候補作品に選ばれ、今回初の大賞の授賞となりました。

 授賞式で辻村さんは、「もっと緊張するかと思いましたが、アットホームな気持ちで立つことができて嬉しいです。子供と、かつて子供だったすべての人に書きました。(今回)本屋大賞の1位になり、私が一人で誰かに向けて手を伸ばしたものを、その誰かを一緒に迎えにいきましょうというふうに、全国の書店員さんたちが、あたためて握り返してくださった結果だと思いました。本屋大賞は『バトン』だと思っています。私が書いたこの本を、今度は全国の手にとってくださる次の誰かに向けて、次の誰かを救いたいと思って、次の誰かにこの気持ちをつなげてくれたら嬉しいです」とコメント。

 本作に登場するのは、中学1年生のこころ。ある出来事を機に学校へ行けなくなり、いつも家で過ごしていました。ある日家に一人でいると、部屋の鏡が突然輝き始め、潜り抜けてみるとそこは城の中。さらに、似た境遇を持つ中学生6人の姿も。こころを含めた7人には、ひとつの課題が出され、戸惑いながらも少しずつ心を通い合わせていきますが……。

 辻村さんは、1980年、山梨県笛吹市出身。千葉大学教育学部卒。2004年に推理小説『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。その後も、推理小説のほか、家族や仕事などを題材にした多くの小説を手掛け、2009年には『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』が第142回直木三十五賞候補作品に選ばれると、同作品は翌2010年に第31回吉川英治文学新人賞候補にも選出されました。さらに、2014年に『島はぼくらと』が第11回本屋大賞候補作品に選ばれると、第12回には『ハケンアニメ!』、第13回には『朝が来る』がノミネートされました。

 本屋大賞は、出版業界活性化のため、全国の書店員が年に1度「一番売りたい本」を投票で選ぶもので、第15回目となる今回は「2016年12月1日〜2017年11月30日に刊行された日本のオリジナル小説」が対象となりました。1次投票には全国504書店から665人、2次投票には311書店から374人の参加がありました。

 なお、「本屋大賞2018」ノミネート作品10作品の順位は以下の通り。

1位『かがみの孤城』辻村深月/ポプラ社
2位『盤上の向日葵』柚月裕子/中央公論新社
3位『屍人荘の殺人』今村昌弘/東京創元社
4位『たゆたえども沈まず』原田マハ/幻冬舎
5位『AX アックス』伊坂幸太郎/KADOKAWA
6位『騙し絵の牙』塩田武士/KADOKAWA
7位『星の子』今村夏子/朝日新聞出版
8位『崩れる脳を抱きしめて』知念実希人/実業之日本社
9位『百貨の魔法』村山早紀/ポプラ社
10位『キラキラ共和国』小川糸/幻冬舎

■本屋大賞
https://www.hontai.or.jp

■関連記事
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『星の子』――「信じる」の意味を見つめなおす物語
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『百貨の魔法』――従業員たちが老舗百貨店の大切な思い出を守る魔法のような物語
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『盤上の向日葵』――将棋界の”革命児”の過去を辿る壮絶なストーリー

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。