体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トランジットが快適に。エアベッド付き「スーツケース」

トランジットが快適に。エアベッド付き「スーツケース」

トランジットは長ければ長いほど、疲れる。ベンチに座っていても、だんだんと姿勢が悪くなる。寝ようと思っても、スペースを取ってしまうから遠慮したくなる。

頻繁に海外旅行をする人なら理解できるだろう問題を解消してくれるのが「DASuitcase」だ。スーツケースでありながらもエアベッドが付いているので、僕たちの身体をケアしてくれる。

たった15秒、空気を入れるだけ

トランジットが快適に。エアベッド付き「スーツケース」

実際に寝るときには、空気を入れて膨らませるだけ。わずか15秒で全長2メートルのベッドが出来上がるらしい。

このスーツケースなら場所取りをする必要もなくなる。深夜便や早朝便に乗る予定なら、なおさら活躍してくれそうだ。

だけど、クラウドファンディングの目標達成率は4%と製品化には程遠い。おそらく使うのが恥ずかしいと考える人や、他人の迷惑になると思った人が多くいるのだろう。どんな状況でも使ってみたい、というのが個人的な感想なんだけど……。Licensed material used with permission by DASuitcase

関連記事リンク(外部サイト)

「これは大発明だ!」とアメリカで言われたトラベルグッズ
持ち歩きが苦じゃなければ、意外と役立つ「スーツケースカバー」。
【この発想はなかった】スーツケースに、一瞬で荷物が収納できる「Luggashelf」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。