体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東洋占星術をもとにした毎週の占い。4/9-4/15の運勢をチェック!

kyozan-neol5-620x410

毎日をより楽しくハッピーなものにするために、キラが東洋占星術をもとにアドバイスします。
fortune reading KIRA(http://twitter.com/kineko8
photo Kyozan Ueda
あなたの星の出し方

まず、生まれた年の西暦の各数字を、1から10のいずれかになるまで足してください。
次に、11からその数字を引いて出た数があなたの星のナンバーです。
例1976年生まれの場合
1+9+7+6=23
2+3=5
11-5=6
1976年生まれの人のナンバーは6になります。
ただし、1月1日から2月の節分までに生まれた人は前の年の星になります。例えば1976年1月18日生まれの人は1975年生まれとして計算してください。

4/9-4/15の運勢

1・水の星の人
4月の全体運
勢いを感じられる月です。モチベーションが上がって、気力も充実しそう。日頃から、あたためてきた計画を実行に移すのも良さそうです。
幸運を招く方角 北東
ご利益フード  バンバンジー

今週の運勢(4/9~4/15)
物事の本質に目を向けてみたいタイミングです。キラキラ光り輝いて、魅力的に映るものが、実は外側だけで、中身はハリボテであった、ということはよくあることです。ここで、そういったモノやヒトとは一旦、距離を置くようにしましょう。すっきり手放してしまっても良いかもしれません。なぜなら、それが、あなたがこれから前に進む為の一歩になり得るからです。
9日はラッキーデー。人と人とのつながりを大切にしましょう。相手に自分を理解して貰うには、まずは自分自身が信頼の置ける人物だということを示すのが効果的です。11日は家族をはじめ、周りにいる人たちの役に立つことをすると、良い運気が巡ってきそうです。13日はひらめきを得ることができそう。過去の苦い思い出や、失敗から学ぶこともありそうです。

2・大地の星の人
4月の全体運
幸運月です。アクティブに動くことで、ハッピーを引き寄せることができそうです。人と人との「つながり」や「交流」といったことが極めて重要な意味を持つことになりそうです。
幸運を招く方角 南西 北東
ご利益フード  スーラータン

今週の運勢(4/9~4/15)
心の感度を高めておきたいタイミングです。周囲からの期待やニーズをすばやくキャッチすることで、素敵なマッチングのようなことが起こりそうな予感。タイミングが合う、ということを望むのではなく、あなたの方からタイミングを合わせる、ということを意識して動いてみてください。
9日は情報が集まりやすい日。正しいことや必要な情報は意外と少なそう。実際に自分の目で見たり、聞いたりしたことだけを信じるようにしてください。10日はラッキーデー。近いところよりも遠く離れたところにツキがありそうです。インターネットやSNSを利用するのもオススメです。12日は忍耐力が鍵となりそう。嬉しいお知らせも届きそうな予感です。

3・雷の星の人
4月の全体運
今まで取り組んできたことの成果や結果があらわれる月です。自分自身、何かしらの結論のようなものを出したくなることもありそうです。
幸運を招く方角 動かぬが吉
ご利益フード  油淋鶏

今週の運勢(4/9~4/15)
あなたの元に情報が集まりやすいタイミングです。よって、アウトプットよりも、インプットにエネルギーを注ぐのが良さそう。また、プレゼンテーションなど、人前で発表するようなシーンにおいては、どんな質問が飛んできても応えられるくらい、準備万端にしておきましょう。この人になら任せても大丈夫、と思って貰えれば、バックアップやお手伝いを名乗り出る人もあらわれそうです。
10日はまとめ役に徹するのが良さそう。友人や同僚から頼りにされることもありそうですが、親身になってあげることが大切です。13日は謙虚な姿勢が吉と出そうな予感。より常識的な判断を下すようにするのが良さそうです。

4・風の星の人
4月の全体運
あちらこちらから声が掛かって、引っ張りだこになりそうです。仕事はもちろん、プライベートも席を温める時間もないくらい、忙しい月になりそうです。
幸運を招く方角 南西
ご利益フード  鶏肉とカシューナッツ炒め

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。