体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Amazonによるドラマ版『ロード・オブ・ザ・リング』の驚くべき製作費とは?

Amazonによるドラマ版『ロード・オブ・ザ・リング』の驚くべき製作費とは?

先日、Amazonが2億5000万ドル(約267億円)で『ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)』ドラマシリーズの製作権を得たと報じられたが、ドラマシリーズとしては間違いなく最も高額になるこの計画について驚くべき新情報が届いた。

今回のドラマ化の契約によると、Amazonは2年以内に製作を開始しなければならない。2年とは長い期間のように聞こえるが、Amazonは、少なくとも5シーズンを作る予定で、契約上、この他に、スピンオフも製作可能だ。これらに、どれだけ決めなければならない事があるか考えてみてほしい。

米『ザ・ハリウッド・リポーター』誌が伝えるところによると、驚くべきことに、キャストへの出演料やプロデューサーへのギャラなどを含めたこのドラマシリーズの製作費用は、合計で10億ドル(約1,071億円)以上になる見込みだという。このAmazonの野心と勇気は、評価すべきだろう。

前日譚となるこのドラマシリーズのキャストは誰になるのか、どんな切り口で描かれるのかが今から楽しみだが、『ザ・ハリウッド・リポーター』は、興味深いことに、「Amazonは映画版の素材を使うかもしれない」と伝えている。『ロード・オブ・ザ・リング』原題タイトルにある”THE FELLOWSHIP OF THE RING(指輪の仲間)”が示すように、本作はホビット族の話となるはずだ。もしくは、仲間になるまでの道のりが描かれるのかもしれない。

映画版『ロード・オブ・ザ・リング』の監督、ピーター・ジャクソン氏が製作総指揮に加わるのかどうかは不明だ。あとは彼次第とのことだが、映画の一部が使われるとなると心中穏やかではないだろう。

最近、ロイターが報じたAmazonの内部情報によれば、2シーズンで5億ドル(約536億円)、もしくはそれ以上の製作費が掛かると言われていた。つまり4シーズンで10億ドル、5シーズンなら…スピンオフの可能性は抜きにしても相当なものだ。

仮に失敗しても、この企画を立ち上げたAmazonには敬意を払うべきだし、成功すれば、Amazonは配信サービスの競合の中でも一線を画す存在となるだろう。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『SUITS/スーツ』シーズン7フィナーレで、メーガン・マークル演じるレイチェルが花嫁姿に!?
ファン歓喜!キアヌ・リーヴスが、『ビルとテッド』ビル役アレックス・ウィンターとツーショット
『アナと雪の女王』アナ役クリステン・ベル、続編の収録を終え「とっても良い」内容だったと太鼓判!
あなたは賛成?反対?ヘレン・ミレン が「スタントにもアカデミー賞を与えるべき」と発言
ハリソン・フォードが『インディ・ジョーンズ』を第5作で卒業!将来的に女性が主人公になる可能性も

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。