体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

熊本地震から2年。経験者の今を見て思う、車だからできる“もしも”への備え

熊本地震から2年。経験者の今を見て思う、車だからできる“もしも”への備え ▲熊本地震からもうすぐ2年。当時、被災された方にお会いする機会を得たので、筆者が感じた“防災における車の価値”を紹介させていただきます

▲熊本地震からもうすぐ2年。当時、被災された方にお会いする機会を得たので、筆者が感じた“防災における車の価値”を紹介させていただきます

熊本地震から、2年

2016年4月14日21時26分、マグニチュード6.5の大きな地震を皮切りに、マグニチュード7を超える本震、および合計1000回を上回る余震が続いた「熊本地震」。

この地震により被災された皆さまに、あらためまして心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復旧と復興を祈っております。

2018年4月。もうすぐ、あれから2年です。

▲石垣が崩れた熊本城。地震から1ヵ月後、私が撮影した写真です

▲石垣が崩れた熊本城。地震から1ヵ月後、私が撮影した写真です

この震災では、被災者の多くが、家屋の倒壊を恐れ車に避難したため、「車中泊」についての注目が集まりました。ニュースや新聞で、避難所の駐車場に所狭しと並ぶ車を目にした方もいらっしゃるでしょう。

実は先日、この地震で被災し、車中泊避難をしたという方を取材する機会がありました。

お話しを伺ったのは、熊本市在住の堀内玲さん(26歳)。三菱 アウトランダーPHEVを所有されています。

▲写真右が堀内玲さん。左は奥さまの沙織さん

▲写真右が堀内玲さん。左は奥さまの沙織さん

2週間に及んだ「車中泊」の実状

当時、熊本市内のご自宅で被災された堀内さん。

幸い、家も家族も無事でしたが、度重なる余震から自宅待機は不安が大きく、車を拠点にした避難生活を選びました。

当時の愛車はステーションワゴン。決して小さい車ではありませんが、大人が「滞在する」となると、シートをフルフラットにできず寝づらい、天井が低く圧迫感があるなど、ストレスを感じることが多かったそうです。

ライフラインが完全に復旧するまではガソリンの供給も安定せず、燃費の大切さも痛感したといいます。

というのも、熊本地震はエリアによって物資の配給やライフラインの回復にかなり差があったらしく、「水道が復旧しているエリアに行ってお風呂に入ろう」「電気が回復している地域の冷蔵庫に生ものを保存してもらおう」といった形で、住民が頻繁に移動しながら助け合って生活をしていたそうです。

そのため、避難シェルターとしてだけでなく、移動・運搬の面でも車はフル稼働する必要があり、少ない燃料で長く走れる車をうらやましく思ったといいます。

車中泊と聞くと、「雨風しのげる空間があればいい」と思っていた筆者ですが、長期の滞在が必要になってくる場合、しかも災害時のような資源が限られた局面ではなかなか厳しいのだなと、お話を聞いて感じました。

そして2017年冬、車の買い替えを検討しはじめた堀内さんは、この経験を改めて思い返し、「三菱 アウトランダーPHEV」への乗り替えを決めました。

釣りやカヤック、キャンプ、スノーボードなどアウトドアな趣味が多く、かねてからSUVが欲しいと思っていた堀内さん。そこに、震災時に必要性を感じた「燃費性能」「居住性」という観点を加えたどり着いたのがこの車なのだそうです。

河川敷やキャンプ場にも乗り付けでき、雪道も安心の4WD。電気+ガソリンの圧倒的な燃費。フルフラットにできるシート。広い車内空間。車内に装備される最大出力1500Wのコンセントにも魅力を感じたといいます。

▲堀内さんが購入したアウトランダーPHEV(初代)。PHEV=プラグインハイブリッド電気自動車(Plug-in Hybrid Electric Vehicle)とは、「電気がなくなってしまっても、ガソリンエンジンで発電し走ることができる電気自動車」
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。