体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現役大学生・ましのみデビューアルバム『ぺっとぼとリテラシー』 タイトルの謎に迫る

現役大学生・ましのみデビューアルバム『ぺっとぼとリテラシー』 タイトルの謎に迫る
J-WAVEで放送中の番組『RADIO DONUTS』(ナビゲーター:渡辺 祐・山田玲奈)のワンコーナー『NITTOCHI LUNCHTIME AVENUE』。4月7日(土)のオンエアでは、現役大学生のシンガーソングライター・ましのみさんを迎えて、メジャーデビューへの道のりや、ユニークな曲のタイトルについて話をしました。

■活動は計画的に「スピード感を大事に」

ましのみさんが、ライブハウスで活動するようになったのは、高校3年生のとき。幼稚園の頃は歌手になりたいと思っていたものの、物心がついてからは、両親の目や周りの目を気にするようになったとか。

ましのみ:両親が厳しかったわけではないけど、恥ずかしいし、夢は叶わないだろうし、言えないという思いがフツフツと湧き出てきて、こうなっちゃいました(笑)。

音楽活動を始めたのが遅かったこともあり、誰かと組む時間はないと思ったと言います。

ましのみ:大学に入学したあとで、就活を始めるタイミングがくるじゃないですか。そのタイミングで音楽を続けるのか、他を目指すのか、という目処を立てなきゃいけないから、ひとりでスピード感だけを大事にやっていこうと思ってやりました。

■ユニークなタイトルの謎

ましのみさんは、2月にメジャーデビューアルバム『ぺっとぼとリテラシー』をリリースしました。アルバムのタイトル同様、収録曲名もユニークで、『プチョヘンザしちゃだめ』、『エゴサーチで幸あれエブリデイ』、『リスクマネジメント失敗』などがあります。

「何かを伝えたい」という思いで歌うより、自分の中にあるものを落とし込んで、暗い要素のある歌詞を、キャッチーなメロディーで表現していくと、ましのみさんは言います。さらに「しんみりしたバラードも好きです。何でも書きます」と話しました。

番組では、アルバム『ぺっとぼとリテラシー』から、『Hey Radio』をお届けしました。曲を聴いた渡辺と山田は「ユニーク!」「唯一無二な感じ」と感心。

渡辺:自分の世界を歌にすることに、あまり躊躇が感じられない。悩みに悩んで作ったっていうよりは、自分の中から出てきてる感じ。
ましのみ:躊躇はしないかもしれないですね。うわーって出てきたものを、言葉遊びが好きなので、どんな表現で伝えようかなと考えています。

ましのみさんは、もともと文章を書くことが好きではなかったものの、歌詞を書くようになってから、楽しい歌詞の書き方がわかってきたと話します。5月26日(土)に開催される「Shimokitazawa SOUND CRUISING 2018」に出演する、ましのみさん。こちらもぜひチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:『RADIO DONUTS』
放送日時:土曜 8時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy