体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インテリアコーディネート術】インスタグラマーに聞く、2LDKでシンプルに暮らすコツ

物の色と量を最低限に抑えて目に入る情報量を減らす

こだわりの部屋づくりを学ぶべく、今回は東京都目黒区にある2LDKの賃貸物件に住むT.Fさんファミリーの部屋を訪問。

旦那さん、息子さんと3人暮らしのT.Fさん。アパレルショップの店長をしていた際にバックヤードの整理を行うなど、もともと片づけは得意としていたが、妊娠を機に掃除と収納に興味を持ち、インテリア全体にもこだわるように。

視覚的な情報を最低限にすることが安らぎにつながると考える彼女は、家具や雑貨の色と量を抑えつつ、遊び心を取り入れるようにしている。インテリア写真の投稿を中心に、SNSでも活躍中。

そんな彼女にシンプルで居心地の良い空間にする部屋作りの方法を聞いてきた。
2LDKの賃貸物件に住むT.Fさんに、シンプルで居心地の良い空間にする部屋作りの方法について聞いてきた!|【インテリアコーディネート術】インスタグラマーに聞く2LDKでシンプルに暮らすコツ

2LDKの賃貸物件に住むT.Fさんに、シンプルで居心地の良い空間にする部屋作りの方法について聞いてきた!プロフィール

名前:T.Fさん(Instagram:__tm_ak__)
職業:専業主婦
年齢:30歳
居住地:東京都目黒区
居住年数:2年物件データ

間取り:2LDK
築年数:44年
3人暮らしにピッタリな間取りの2LDKに住んでいる|【インテリアコーディネート術】インスタグラマーに聞く2LDKでシンプルに暮らすコツ

3人暮らしにピッタリな間取りの2LDKに住んでいる①.ファブリックパネルをお部屋のアクセントに

お気に入りのmarimekkoの生地「tuuli」を使って自作したファブリックパネル。

自作したファブリックパネルは、板状の発泡スチロールに生地を張り付けているので、万が一落ちても部屋の床を傷付ける心配はない。
モノトーンで統一された、シンプルで無駄のない空間が広がる|【インテリアコーディネート術】インスタグラマーに聞く2LDKでシンプルに暮らすコツ

モノトーンで統一された、シンプルで無駄のない空間が広がる②.クローゼットの中であってもスッキリ見せる工夫を

見えないところであっても物を詰め込まないのがモットー。上段にはかさばりがちな書類や家電の説明書を入れたファイルボックスをきれいに並べ、スッキリとした印象に。
いろいろなものであふれがちなクローゼット。開けた時にゲンナリしないよう、すっきり見せるよう心掛けている|【インテリアコーディネート術】インスタグラマーに聞く2LDKでシンプルに暮らすコツ

いろいろなものであふれがちなクローゼット。開けた時にゲンナリしないよう、すっきり見せるよう心掛けている散らばりがちな書類などもボックスを数個並べてスッキリ収納|【インテリアコーディネート術】インスタグラマーに聞く2LDKでシンプルに暮らすコツ

散らばりがちな書類などもボックスを数個並べてスッキリ収納③.バーム類は立ててディスプレイ

バーム類はパッケージの色味に近い無印良品の歯ブラシスタンドを活用し、立てて見せることでインテリアのアクセントに。もともとセットだったかのような統一感を演出している。
ディスプレイしてもかわいいデザインのバームを、無印良品のアイテムと組み合わせておしゃれに飾っている|【インテリアコーディネート術】インスタグラマーに聞く2LDKでシンプルに暮らすコツ

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。