体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電話番号を知っていればドコモ・au・ソフトバンクの携帯電話間でリッチなメッセージがやりとりできる新サービス『+メッセージ』を発表

電話番号を知っていればドコモ・au・ソフトバンクの携帯電話間でリッチなメッセージがやりとりできる新サービス『+メッセージ』を発表

NTTドコモ(以下ドコモ)とKDDI(以下au)、ソフトバンクは4月10日、3社の携帯電話やタブレットのユーザーがキャリアを超えてメッセージをやりとりできる新サービス『+メッセージ(プラスメッセージ)』を発表。2018年5月9日からサービスを開始することを明らかにしました。

plusmessage2

『+メッセージ』は従来のSMSによるメッセージを進化させ、携帯電話番号が分かればメッセージを送れる「簡単安心」、写真・動画・地図などが送れる「便利」、スタンプが利用できる「楽しく」を特徴とする新サービス。

plusmessage3

携帯電話事業者の業界団体であるGSMAが世界的に標準化しているRCS(Rich Communication Service)に準拠。SMSでは最大全角70文字のテキストメッセージの送受信に限定されているのに対して、最大全角2730文字のテキスト、写真・動画、専用スタンプ、グループメッセージ、音声メッセージ、地図情報の送受信に対応します。SMSとは異なり、料金はパケット通信の通信料がかかります。

plusmessage4 plusmessage5 plusmessage6

Androidスマートフォンとタブレットから提供を開始。auはSMSアプリ、ソフトバンクはSoftBankメールアプリのアップデートにより対応し、ドコモはドコモホームページから専用アプリをインストールすることで利用可能になります。5月以降に発売する機種にはプリインストールを予定。iOS向けには3社とも『AppStore』からのアプリ提供を予定しています。対応OSはAndroid 4.4以上とiOS 9.0以上。

利用条件は3社の携帯電話サービスに契約し、携帯電話番号を持っていること。IDやパスワードの登録が不要な点は『LINE』と異なる特徴です。MVNOへの提供は今後必要に応じて検討するとのことで、サービス開始時点ではMVNOからは利用できません。

plusmessage7 plusmessage8

『+メッセージ』の利用者は連絡先アプリ上でアイコンを表示、タップすることでメッセージの送信が可能。アイコン表示がないユーザーにはSMSでメッセージを送ることになります。連絡先に登録がないユーザーからのメッセージは「未登録」と表示され、不明な差出人からのメッセージを認識できるのが特徴。電話番号に紐づいているため、なりすましのリスクを低減できるという、安心面での特徴も打ち出しています。

plusmessage9

写真や動画、地図の送信が可能なほか、既読/未読の確認が可能。既読機能は設定によりオフにすることもできます。

plusmessage10

スタンプは500点の無料スタンプを提供し、順次追加を予定。

plusmessage11

今後は個人間のやりとりだけでなく、カスタマーサポートや申込手続き、予約確認など、ユーザーと企業との関係をサポートする統合的なプラットフォームへ拡張を予定しています。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。