体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

酒の失敗談…いとうあさこ主演「飲み会翌日ミステリー 本当にあった怖い話」が色んな意味で怖い

酒の失敗談…いとうあさこ主演「飲み会翌日ミステリー 本当にあった怖い話」が色んな意味で怖い

 「酒は飲んでも飲まれるな!」という標語がありますが、4月は新年度の始まりや入社シーズンということもあり、飲み会があちこちで開催され、帰りの電車の中では「酒に飲まれてしまった」人たちを目にする機会が増えてきます。ことそれが女性の場合には、重大な犯罪被害にあってしまう可能性もあり、女性にとってお酒との適切な付き合い方を知るのは、身を守るためにも特に大切なこと。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 そんな“酒”に関する失敗が増えるシーズンにあわせ、ビール酒造組合及び会員であるビール5社※が、女性の適量飲酒啓発活動「ほど酔い女子PROJECT」の一環として、女性専用のアルコールDNA検査キットをプレゼントする「ほど酔い女子DNAチェッカー 職場仲間にプレゼントキャンペーン」を4月10日にスタートさせています。あわせて、酒豪として知られるタレント“いとうあさこ”さん出演の、プロジェクトWEB動画第2弾も公開し、「働き方改革」ならぬ、「飲み方改革」を呼びかけています。

 いとうさんは「飲み会翌日ミステリー 本当にあった怖い話」と題された動画で、さる企業のOLに扮しています。朝出社すると周囲の気配がなにやら怪しげ。視線すらあわせてくれません……前日に一体何があったの?すると自分のデスクには汚れたぬいぐるみが置かれ、さらに自分のスカートにも記憶にない泥よごれ。そこに上司が小声で声をかけてきます。「何にも覚えてないの?」。どうやら前日の酒の席で、盛大にやらかしてしまったようす……。



 動画はあくまで酒に飲まれた失敗例ですが、近年、女性の社会進出などの影響により「リスクのある飲酒」をしている女性も増えているそうです。内閣府策定の平成28年「アルコール健康障害対策推進基本計画」でも指摘されており、生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している女性の割合を8.8%(平成26年度)から 6.4%(平成34年度)に下げることが目標とされています。

 このためビール酒造組合が、2017年11月16日(『いいビール飲みの日』)に女性の適量飲酒啓発を目的に「ほど酔い女子PROJECT」を発足。PRキャラクターに“いとうあさこ”さんを起用し第1弾動画が公開されました。さらに今回と同じく、簡単にアルコール耐性や体質などが調べることができる、女性専用アルコールDNA検査キット「ほど酔い女子DNAチェッカー」プレゼント企画を実施。1,000名の募集に対し、13倍となる約13,000名もの応募があり、多くの女性が「お酒とのつきあいかた」について強い関心を持っていることが分かったそうです。

 そこで今回は、新入社員、新年度を迎える時期ということで、個人レベルではなく、職場レベルでプレゼントする「ほど酔い女子DNAチェッカー 職場仲間にプレゼントキャンペーン」を実施。2018 年5 月9 日(水)23:59までの期間、「ほど酔い女子PROJECT」公式サイトから申し込むと抽選で1職場、最大300名分がプレゼントされるそうですよ。

※キリンビール(株)・サッポロビール(株)・サントリービール(株)・アサヒビール(株)・オリオンビール(株)

画像提供・ほど酔い女子PROJECT

関連記事リンク(外部サイト)

「月の引力が見える町」太良町へ直行 佐賀空港リムジンタクシー太良路線4月1日から運行開始
NIGO for IQOS第2弾・THE CAMO COLLECTION登場
「知名度低い」「アピール下手」自覚する熊谷組 新卒採用の悩みを赤裸々告白

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。