体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「禁断の食べるはちみつ」を食べると「カブトムシの気分になれる」とネット騒然……とりあえず食べてみた!

「禁断の食べるはちみつ」を食べると「カブトムシの気分になれる」とネット騒然……とりあえず食べてみた!

 2018年3月27日に株式会社明治から発売された生菓子「明治禁断の食べるはちみつ(130円税別)」が何やらネット上をざわつかせていました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 商品自体の説明によると、はちみつをそのままカップに詰めたかのような味わいで、「ほろにがレモンソース入り」とか。今までにない新食感のスイーツとあれば、普通なら期待値もグーーーーーーンと上がるところ。

 しかしこちらの商品を食べた人のツイートを見てみると「カブトムシの気分になれる」や「表情筋が消えた」「これ本当に禁断」などの評価がずらり。ハッシュタグ「#禁断のはちみつを許すな」というものまでできています。

 う~~ん。逆に気になってしまうではないか!ということで、実際に購入して食べてみることに!

 フタのフィルムに「とろ~り幸せ新食感」とキャッチコピーが書いてあるとおり、写真ではゼリーをすくい上げたスプーンからこぼれ落ちそうなレモンソースが、これから口の中に入れる至福のひと時を予感させます。

 さっそくフタを開けてみると「……あれ?」と拍子抜け。ほろにがレモンソースはいずこへ。どうやら既にゼリーの中に入っている様子。フタの写真からプリンのような感じなのかと思いきや、半透明のゼリー状。

 一口すくい上げて食べてみたところ、なんだかねっとり舌に残る感覚。味はというと、カナダ産のはちみつを使用しているとのことですが、普通のハチミツよりも甘さ控えめで、後からかすかにカナダ産独特のハチミツの香りが感じられます。レモンソースの酸味もあまり主張せず、全体的に控えめな印象。

 もぐもぐ、なるほど、これが「禁断」の味なのか……と、味を確かめながらネットの意見どおり私の顔からも表情筋が消えていきました。最後、ネットの意見にあった「紅茶にまぜるといい」というのも一応試してみましたが、いまいち溶けきらず。これは温かい紅茶に入れれば良かったのかな?と後悔。

 まぁ、なんというか……いろんな意味で「禁断の食べるはちみつ」であることは間違いありません。私は食べることはできましたが、人によっては激しい反応をすることもあるようなので、気になる方はぜひとも直接その舌で確かめてみてください。


(黒田芽以)

関連記事リンク(外部サイト)

すき焼きに入れるお肉としらたき、実は隣に置いた方が美味しくなる?
スタバ新作は「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」 代官山でイチゴビニールハウス店も展開
エイプリルフールネタから商品化!暗闇で光る「夜食りんごヨーグルト」限定発売

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。