体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「日本のヴェネツィア」舟屋の町・伊根で知らなかった京都の魅力に出会う

「日本のヴェネツィア」舟屋の町・伊根で知らなかった京都の魅力に出会う
日本が世界に誇る寺社仏閣や艶やかな花街など、京都といえばとかく京都市内の魅力ばかりが語られがち。でも、京都の魅力はそれだけじゃありません。

今注目したいのが、「日本のヴェネツィア」「日本で最も海に近い町」の異名をとる伊根町。懐かしいのに新しい、その独特の景観にすっかり心を奪われてしまう人が続出中です。

日本のヴェネツィア・伊根

「日本のヴェネツィア」舟屋の町・伊根で知らなかった京都の魅力に出会う
京都府北部、丹後半島の北端に位置する伊根町。日本で最も美しい村連合に加盟するこの町を有名にしているのが、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている舟屋群です。

「舟屋」とは、1階が船のガレージ、2階が居住空間となった漁師町特有の家屋のこと。伊根の舟屋は海辺ギリギリに建っているため、海上から眺めるとまるで海に浮かんでいるかのように見えます。

周囲約5キロの伊根湾には現在も230軒ほどの舟屋が連なっており、建物と海が一体となった独特の景観から、「日本のヴェネツィア」「日本で最も海に近い町」などと称されています。

「日本のヴェネツィア」舟屋の町・伊根で知らなかった京都の魅力に出会う
日本でもほかに類を見ない景観を誇る伊根は、NHK連続テレビ小説「ええにょぼ」や、映画「釣りバカ日誌」などのロケ地にも選ばれてきました。湖のように穏やかな伊根湾と、山に挟まれて建つ舟屋群。見る者の想像を掻き立てるこのフォトジェニックな町は、物語の舞台にうってつけなのです。

懐かしいのに新しい舟屋群

「日本のヴェネツィア」舟屋の町・伊根で知らなかった京都の魅力に出会う
伊根を訪れれば、心のふるさとを見つけたような懐かしい気持ちが湧き上がってくるはず。それでいて、海に浮かんでいるかのような舟屋群の景観は日本人の目にも新鮮に映ります。

「日本のヴェネツィア」舟屋の町・伊根で知らなかった京都の魅力に出会う
伊根の舟屋群は、島国日本の原風景でありながら、日本人でもこれまでに見たことがないような新しい風景でもあるのです。

現在も230軒ほどが残る伊根の舟屋は、江戸時代中期から存在していたといわれています。当初の舟屋はかやぶき屋根で、網を干す必要があったことから床板はありませんでした。明治時代から舟屋の屋根は切妻造りへと変化していき、海に向かって妻側を見せた舟屋群は周囲の海や山と見事に調和しています。

「日本のヴェネツィア」舟屋の町・伊根で知らなかった京都の魅力に出会う
「日本のヴェネツィア」舟屋の町・伊根で知らなかった京都の魅力に出会う
現在見られる伊根の舟屋の多くは明治から昭和初期にかけて建てられた木造2階建ての建物ですが、古い舟屋は建物の下部に船を収納するための空洞が設けられた1階建て。ひとくちに「舟屋」といっても、そのスタイルは年代によっても異なるのです。

「日本のヴェネツィア」舟屋の町・伊根で知らなかった京都の魅力に出会う
現在は、道を挟んだ舟屋の向かい側に母屋があり、母屋をおもな生活の場としている家が多いのだとか。海と山のあいだにある狭い路地には、タイムスリップしたかのような光景が広がっています。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy