体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夢に迷うダンサーと夢を諦めた元ドラマーが出会い、魂が動き出す

1804101

デジタルシネマにフォーカスした国際コンペティション映画祭「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」の2017年のオープニングを飾った作品『ANIMAを撃て!』が、劇場公開を迎える。

クラシックバレエカンパニーに所属していながら、クラシックなダンスを踊る自分に違和感を感じている果穂。ある日、ホールの倉庫から聞こえてきたリズミカルなドラムの音色に誘われて、元ドラマーの伊藤と出会う。伊藤のドラムによってありのままの自分を表現するダンスを見つけた果穂は、留学支援のための試験の自由演目に、クラシックバレエではなくコンテンポラリーダンスで挑むことを決意する――。

タイトルの”ANIMA”は、ラテン語で”生命・魂”を意味する言葉。夢に迷うダンサーと夢を諦めた元ドラマー……”ANIMA=魂”が動き出した、二人の運命は?

ANIMAを撃て!
監督・脚本:堀江貴大
出演:服部彩加、小柳友 ほか
公開中
(2018年/日本)
©︎2017 埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
http://anima-movie.com/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。