体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2歳の息子にテーマパークはまだ早い? キッズ専用ブースで想像以上に楽しめた

f:id:akasuguope01:20170819053021j:plain

わが家はお出かけが大好きです。息子と初めてお出かけをしたのは生後8ヶ月ごろでした。乳幼児専用スペースのある室内遊園地をはじめ、日本の観光名所、グルメ巡りなど。色々なスポットへ出かけたものです。

決して育児が楽で、たくさんお出かけをしていたわけではありません。睡眠不足が続き、心身ともに元気ハツラツ!からは程遠い状況でした。

それでもお出かけをしていたのは「明日から頑張ろう」と、気持ちが一新されるから。お出かけをすると自分をリセットできるのです。私のパワーの源はお出かけでした。

お出かけをしたなかでも一番楽しかったのはテーマパークです。

当時息子は2歳だったので、パーク料金は無料でした。遊んだメインの場所は小さな子どもが楽しめるブースです。キャラクターが登場したときは親子ともに大興奮。大人も童心に返るんだなと改めて感じました。 関連記事:1歳児連れでテーマパークへ。宿泊ホテル選びで重視したポイントは?

アトラクションに乗らなくても楽しめるのが魅力。特に遊んだキッズ専用ブースでは、子どもの好奇心を刺激する仕掛けがたくさんあって楽しかったです。例えば水がリズミカルに飛び出す噴水。小さな赤ちゃんも水遊びを楽しんでいました。すぐそばには、アヒルのおもちゃを水に浮かべて遊べるスポットがあります。ふだん体験できない遊びに息子は夢中でした。

そして授乳室やポット、ベビーフードの販売などファミリー向けのサービスが充実していました。待ち時間を短縮するためにレストランの来店時間を予約したり、前もってアトラクションを予約するシステムがあったり…。

2歳の息子にテーマパークは早いと思っていたのですが、想像以上に楽しめました。

利用できるアトラクションは限られますが、ショーを楽しむなど赤ちゃん連れならではの楽しみ方があると知ります。次にくるときは、息子は何歳になっているのかな?アトラクションに乗って楽しんでいるかな?未来の息子を想像しながらパークをあとにしたのでした。 関連記事:乳幼児連れに嬉しいシステムがあるテーマパーク。これで親もコースターに乗れる!

f:id:akasuguope01:20170722213332j:plain

著者:ヤングマン

年齢:37歳

子どもの年齢:3歳、6歳

3歳の娘が幼稚園に入園し、ようやく一息つけるようになりました。自分の時間が持てる幸せを噛みしめている今日この頃です。心に余裕が持てると、育児や家事が効率よく回せる気がします。週末は家族そろって外遊びに夢中です。アラフォーママですが、子どもの元気についていけるよう日々奮闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

ママひとり、子ども3人で片道3時間の新幹線。上の子たちの協力が心強かった!
まわりを気にせず楽しめた「家族風呂」。子連れで温泉ぶらり旅 in 九州
行程表を作って1日中楽しんだ!親子で大興奮のアンパンマンミュージアム

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。