体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

しっかり酔える高アルコール系高炭酸『キリン・ザ・ストロング』3種に一気に立ち向かってみた結果!

いまRTD(Ready To Drink=フタを開けてすぐそのまま飲める飲料)市場を席巻しているのがしっかり酔える「高アルコール系RTD」。そんなRTD市場に、また高アルコール系の新商品が登場する。『キリン・ザ・ストロング』アルコール度数が9%で、ハードな炭酸感と味わい、アルコール感を兼ね備えた飲みごたえのある3種類がラインナップされる。はたして満足できる飲みごたえと酔いごたえがあるのだろうか。いち早く入手したので、実際に飲んで確認してみよう!

ガツンと“ハード”な”ハードエキス”入り……、それって何?

最近は高アルコール系が大人気だ。ビールテイスト飲料でもアルコール度数7、8%の商品がしのぎを削り合っているが、特に熱いのがRTD市場だ。その旗頭となって市場を牽引しているのが一桁ギリギリ9%のキリン「氷結ストロング」だが、さらに同社はこの市場に重ねて新商品をぶつけてきた。

 

それが『キリン・ザ・ストロング ハードドライ/ハードレモン/ハードコーラ』(350ml缶/500ml缶・オープン価格・2018年4月10日発売)シリーズだ。フレーバーは3種類で、それぞれに新開発の「ハードエキス」(特許出願中)を使用し“ハードな味わい”、同社RTDでもっとも強い“ハードな炭酸感”、クリアウオッカを使用してアルコール分9%に仕上げた“ハードなアルコール感”という「トリプルハード製法」で実現した、ガツンとハードな刺激と飲みごたえが売りだという。では氷結ストロングと何が違うのか。

 

「果汁感があり、すっきり飲みやすい『氷結ストロング』に対し、お酒感が強いドライでのみごたえのあるチューハイを目指しました」(キリン広報・談)

 

なるほど。だがいったい「ハードエキス」とは何なのか、聞いたことがない。どうやら人工的なアルコール風味を抑えるために柑橘類のうまみなどを凝縮したものらしい。なかなかに謎な成分だが、効果はあるのか。

左から「キリン・ザ・ストロング ハードレモン」「同ハードドライ」「同ハードコーラ」

昨年あたりから、高アルコール系のRTDがトレンドになっていることは何となく感じ取っている人も多いだろう。もともとRTDはビールなどに比べて低価格で、長引く景気低迷で支出を控えている層に人気があった。しかし、かつては低アルコールで甘い味わいのRTDが市場の主役だった。これはサラリーマンを中心とした男性は缶ビールに流れており、若い女性などがRTDのメイン顧客だったのだ。

 

しかし“外飲み”もできず、缶ビールも贅沢という経済状態になってきて、RTDも世のお父さんが手に取るようになってきた。そのような市場を敏感に察知した各メーカーが、7~9%の高アルコール系RTDの開発に着手したというわけだ。実際、2011年に比べ高アルコール系RTD市場は2倍以上に拡大しているのだ。要は「お金をかけずに手っ取り早く酔っ払いたい」から、こうした高アルコール系RTDに人気が集まっているというわけ。

 

キリン・ザ・ストロング ハードドライ

それでは「キリン・ザ・ストロング ハード3兄弟」のチェックをしていこう。まずは「ハードドライ」から。

 

もっともスタンダードなドライタイプのRTD。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。