体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初心者の僕がサバイバルゲームで即死しまくった理由

初心者の僕がサバイバルゲームで即死しまくった理由

今回お話をうかがったのは、グレープカンパニー所属のお笑いコンビ「キャラバン」の桝本さん。初めてのサバイバルゲームで起きた悲劇とは?

「サバイバルゲームに初めて参加したときのことです。サバイバルゲームは『紳士のスポーツ』っていう感じで、ルールがしっかり決まっているんです。例えば、撃たれたときは自己申告制なんです。自分に弾が当たったら『ヒット』って言って手を挙げて、自分から陣地の外に出るんです。悔しいけれども、そこはウソをついちゃダメで、ちゃんとやっていかないとゲームの進行に支障をきたすんです。

 

それで、いよいよゲームが始まり、2チームに分かれて撃ち合うことになったんです。でも、僕は始まった瞬間に『バン』と撃たれてしまって、『ヒット』って言いながら外に出たんです。ちょっと恥ずかしかったですけど、初心者が狩られるのは仕方ないのかなと思って、その試合が終わるのを待っていました。それで、10分くらいで勝敗が決して、2回戦が始まったんですけど、またしてもすぐに撃たれたんです。それからも3回連続くらいで瞬殺されて、全く楽しめなかったんです。

 

『はあ、難しいなあ。こんなに難しいものだったのか』としょげていると、いったん休憩になったんです。それで、休憩中にふと気付いたんですけど、会場で借りた帽子のヒモの先にプラスチックのパーツが付いていたんです。『もしかして?』と思って軽く頭を動かしてみると、そのプラスチックのパーツが『バン』って頭に当たったんです。僕はそれをずっと弾だと勘違いして、誰も僕のことを撃っていないのに、1人で勝手に死んでいたんです」

オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy