体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インテリアで充電する「絡まない」生活

インテリアで充電する「絡まない」生活

昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。

たとえばこの「COMPOSITION」のように、インテリアとしての機能を兼ね備えた製品なら、食指が動くんだけどな。でも本当、言われない限り充電器なんて思えないですよね。

充電器であることを忘れそう
インテリアにとけ込む充電器

インテリアで充電する「絡まない」生活

どれも、SamsungがサポートするCreative Squareでデザインされたワイヤレス充電に対応したプロダクト。

テーブル、トレイ、鏡、スピーカー、時計、本来ならばそれぞれの用途があるものに、スマホの充電機能も付随させてしまおう、というのがコンセプトだそうです。たしかに、スマホが横に置いてあっても、まず充電しているとは見えないんですよねぇ。インテリアで充電する「絡まない」生活

種明かししちゃうと、トレイ部分にバッテリーが内臓。こちらはケーブルでの充電が必要ですけどね。で、充電が完了したらまたトレイの下に。

流行りのワイヤレス充電機能で、もっと生活をシンプルにという感覚、これからのインテリア可能性を感じさせてくれます。

カラーもいろいろ
カスタムすれば自分好みに

インテリアで充電する「絡まない」生活インテリアで充電する「絡まない」生活

色付きのものもあり、自分でカスタムして楽しむことも。インテリアとして馴染みすぎて、結果、充電器だって忘れちゃいそうですけどね。Licensed material used with permission by designstudio PESI

関連記事リンク(外部サイト)

「置く」という動作さえ不要になる、近未来のワイヤレス充電器。
忘れることすら不可能な、スマホ充電器がうれしい。
少なく見積もっても「1台5役」のスマートテーブル。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。