体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【伊勢】おかげ横丁のおすすめお土産10選!人気の和菓子やおかげ犬グッズも♪

【伊勢】おかげ横丁のおすすめお土産10選!人気の和菓子やおかげ犬グッズも♪

三重県・伊勢といえば「伊勢神宮」。そして、伊勢神宮を参拝した後にお土産を求めてぜひ立ち寄って欲しいのが、「おかげ横丁」です。

おかげ横丁は古い町並みを再現した、約50店舗もの飲食店・お土産屋さんが立ち並ぶ観光スポット。

たくさんのお店があって何を買えばいいか迷ってしまう…という方にむけて、今回は有名なものから最新のオシャレなものまで、伊勢・おかげ横丁で買えるお土産を10個ご紹介します!

記事配信:じゃらんニュース

伊勢土産の定番「赤福餅」

赤福本店

赤福本店「赤福餅」 8個入り 760円(税込)

伊勢のお土産の定番ともいえる「赤福餅」。赤福餅の形は、伊勢神宮神域を流れる五十鈴川の流れをかたどり、餡の三筋は清流を、お餅は川底の小石を表しています。

北海道産の小豆、国産のもち米を使用し、甘さ控えめで小豆の風味をたっぷりと感じることができます。こしあんはとてもキメが細かく、やわらかいお餅との相性も抜群!

赤福本店

赤福の創業は約300年前の、宝永4年(1707年)。当時、お伊勢参りに来た人達の休憩処になるようにと始めたのがきっかけだそう。

現在のように車や電車がない時代だったので、腹持ちのいいお餅が重宝されたんだとか。今も当時と変わらず、つくりたての赤福餅をいただけます!

また、赤福餅は東は愛知県、西は兵庫県までしか販売をしていない商品なので、それ以外の地域の人にお土産として渡すととっても喜ばれそう! 赤福本店「赤福餅」1箱(2個入り) 240円(税込) さっと渡せる2個入りサイズも可愛らしく、お土産として人気です。赤福本店人気の「赤太郎」グッズ また、昨年7月には、赤福のキャラクター「赤太郎」のグッズを販売するショップがオープン。赤福餅と一緒に渡すとインパクト大! かも?赤福本店大きな看板が目印です 赤福本店

住所/三重県伊勢市宇治中之切町26番地

営業時間/5:00~17:00

定休日/なし

アクセス/近鉄宇治山田駅、JR伊勢市駅、近鉄伊勢市駅よりバスで内宮行約15分、神宮会館前下車

「赤福本店」の詳細はこちら

赤太郎ショップ

住所/三重県伊勢市宇治浦田町1丁目11-5 五十鈴川野遊びどころ(赤福本店五十鈴川店横)

営業時間/9:00~17:30

定休日/なし

アクセス/赤福本店より徒歩約10分

貝殻をかたどったマドレーヌ「シェル・レーヌ」

ブランカ

ブランカ「シェル・レーヌ プレーン」 162円(税込)ブランカ「シェル・レーヌ プレーン」 5個入り810円(税込)
1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。