体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

失礼にならずに相手の「本音」を聞き出す“7つ”のコツとは?

失礼にならずに相手の「本音」を聞き出す“7つ”のコツとは?

ビジネスで大切な質問力。あなたは自信がありますか?

「お客様のニーズをヒヤリングする」「わからないことを上司に確認する」など、都度、質問シーンはやってきます。でもタイミングがわからなかったり、失礼になったらどうしようとまごついた結果、的を射た回答を得られない人が、意外と多いようです。そこで今回は広告代理店勤務時代に3,000人以上のVIPと交流し、彼らの効果的な質問の仕方を研究している気配りのプロフェッショナル・後田良輔さんに「本音を引き出す人の質問の工夫」について話を伺いました。


「本音を引きだす質問のコツ」とは?

同じようなことを聞かれ、Aさんには普通に答えたのに、Bさんには秘密にしていたことまで話してしまったという経験はありませんか? 決してBさんが特に好きとか親しいというわけではありません。AさんとBさんともに同じくらいの好意度にも関わらず、なんとなくBさんの方に本音を語ってしまったという感じ。この「なんとなく」がくせ者なのです。人は誰でも他人に質問し、「聞く」ということを毎日繰り返しています。でもこの「聞く」と「本音を聞き出す」はまったくの別物です。より分解すると「聞く」は受動的で「本音を聞き出す」は能動的となります。つまり同じ質問でも、ビジネスにおいては能動的に結果を引き出さなければ意味がないのです。この能動の姿勢が、競合会社や社内のライバルたちとの差を広げてくれます。

私が出会ってきた3000人のVIPたちもちょっとした能動的な質問を混ぜて、よい結果を引き寄せていました。しかもこの能動的な質問は、「言葉・行動・タイミング」の工夫で簡単に実現できます。ちょっと意識すれば誰でも真似できるので、やらない手はありません。ちょっとした質問の工夫で人生は180度変わることもあります。では次から簡単に真似できる7つの質問の工夫を見ていきましょう。

×「夕方に質問する」 〇「朝いちばんや昼いちばんに質問する」

同じ内容の質問でもタイミング次第で相手の反応は変わります。例えばあなたが帰りがけにも関わらず、後輩から何かを質問されたらちょっとムカッとくることもあると思います。質問は疲れが溜まった夕方よりも、相手がリフレッシュした朝いちばんやランチあとの昼いちばんの方が良いものです。

×「自分一人で」 〇「先輩や上司と一緒に」

すべての問題を自分ひとりで解決するのがよい手段とは限りません。例えば自分より役職が上の人へ質問する場合。あなたが一人で質問に行くよりも、先輩や上司に同行してもらって質問する方が、相手のメンツを立てることができる場合もあります。状況や質問内容によっては、チームで質問した方がベターな場合があると覚えておきましょう。

×「たくさん質問する」 〇「3つに絞って質問する」

質問の数にも工夫が必要です。相手も人間なので、1度にたくさん質問されると疲れたり、そもそもの話の論点がぼやけたりします。思いつくままたくさん質問するのではなく、相手に会う前に、事前に「3つまで」質問を絞りこんでおきましょう。これにより自分の中で疑問点が整理でき、相手にも理解しやすい質問ができます。

×「手ぶらで質問する」 〇「資料を見せて質問する」

あなたが考えていることと、相手が考えていることが同じとは限りません。込み入った質問をする際は、資料の内容を思い出しながら質問するのではなく、資料そのものを相手に見せて、ここの部分を質問させてくださいと切り出してください。手ぶらでは議論が拡散しますが、相手に資料を見せれば、効果的かつ濃密な質問ができます。

×「メールで」 〇「メール後、電話で」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy