体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【再現レシピ】定食屋「大戸屋」風のチキンかあさん煮を自宅でおいしく作るコツ

有名店のあの味が自宅で再現できる!

有名店のあの味を自宅で再現してみよう!今回はファンの多い定食屋「大戸屋」のチキンかあさん煮の作り方を紹介!

あの人気メニューの味を自宅で再現するポイントは「めんつゆ」。これがあれば、自宅で簡単にチキンかあさん煮を作ることができるのだ。
出汁が染みた衣がジュワ~ごはんがどんどん進む一品!定食屋「大戸屋」のチキンかあさん煮を作ってみよう!|【再現レシピ】定食屋「大戸屋」風のチキンかあさん煮を自宅でおいしく作るコツ

出汁が染みた衣がジュワ~ごはんがどんどん進む一品!定食屋「大戸屋」のチキンかあさん煮を作ってみよう!材料(1人前)

鶏もも肉=1/2枚
大根=5cm
にんじん=1/4本
じゃがいも=1/2個
玉ねぎ=1/4個
れんこん=1切れ
ほうれん草=1株
なめたけ=少々
塩=少々
胡椒=少々
薄力粉=大さじ2
パン粉=適量
めんつゆ(3倍濃縮)=大さじ3と1/2
昆布だし(顆粒)=小さじ1
水=250ml
揚げ油=適量作り方

①.玉ねぎ、れんこんは皮をむいて薄切りに、にんじん、じゃがいもは皮をむいて一口大に。じゃがいもとれんこんは水にさらしておく。

②.大根は皮をむいておろし、水気をよくきる。

③.ほうれん草は塩茹でし、冷水に取ってから水気をよく絞り4等分に切る。

④.鶏もも肉は両面に塩胡椒をする。薄力粉を大さじ3の水(分量外)で溶いた水溶き薄力粉をまんべんなく付けてパン粉をまぶす。

⑤.油を170度に熱し、水気を拭き取ったじゃがいもを素揚げする。火が通ったら取り出す。

⑥.続いて④を片側4分ずつ揚げる。カツがカラリと揚がったら油をきり、8等分に切る。
カツは深さ2cmほどの油で揚げ焼きにすると作りやすい。片側がきつね色に揚がったら裏返す|【再現レシピ】定食屋「大戸屋」風のチキンかあさん煮を自宅でおいしく作るコツ

カツは深さ2cmほどの油で揚げ焼きにすると作りやすい。片側がきつね色に揚がったら裏返す

⑦.フライパンにめんつゆ、昆布だし、水、にんじん、玉ねぎ、れんこんを加えて熱し、ひと煮立ちしたら蓋をして、にんじんに火が通るまで煮る。
昆布の風味豊かな煮汁の再現には、めんつゆに昆布だしを追加して旨味と香りをアップ|【再現レシピ】定食屋「大戸屋」風のチキンかあさん煮を自宅でおいしく作るコツ

昆布の風味豊かな煮汁の再現には、めんつゆに昆布だしを追加して旨味と香りをアップ

⑧.⑦にチキンカツ、大根おろしの半量とほうれん草、素揚げしたじゃがいもを加えて1分ほど煮込んだら皿に盛り、カツの上に残りの大根おろし、なめたけを乗せる。

熱々がおいしいので、事前に野菜や煮汁の下ごしらえを整え、チキンカツが揚げたてのうちに煮汁へ入れるのがポイント。カツの衣が崩れないよう煮込みすぎに注意しよう。野菜は季節のものでアレンジしたり、レモンを搾って食べても◎。
煮汁に半量の大根おろしを加えて火を加えると、大根の甘味とさっぱり感が高まる|【再現レシピ】定食屋「大戸屋」風のチキンかあさん煮を自宅でおいしく作るコツ

煮汁に半量の大根おろしを加えて火を加えると、大根の甘味とさっぱり感が高まるはふはふ頬張りたい! 懐かしい実家の味

ほんのり甘い、食欲をそそる味付けのチキンかあさん煮ができあがった。素揚げされた野菜も煮汁に絡んで絶品! どこか懐かしさを感じる一品だ。ほっこりしたい日の食事に、ぜひ取り入れてみて。

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。