体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音を立ててはいけない、“何か”に殺されるから――アメリカで記録的ヒットのホラー映画『クワイエット・プレイス(原題)』日本公開[ホラー通信]

4/6に本国アメリカで公開され、週末2日間の興行収入がオリジナルホラー映画で歴代3位、2018年公開映画では『ブラックパンサー』に次いで2位という、異例のヒットを記録しているホラー映画『クワイエット・プレイス』。今作の日本公開が決定。具体的な日付はまだ明かされていないが、公開は秋予定とアナウンスされている。

『クワイエット・プレイス(原題)』<興行収入>
オープニング3日間(アメリカ)(4/6~/8):50,000,000ドル (公開劇場:3,508館)
※Box Office Mojo調べ 4月9日時点
※出典: Box office mojo

『クワイエットプレイス』は、音に反応して人間を襲う“何か”の驚異を描く物語。静寂に包まれた世界で、3人の子供を育てる母親エヴリン役をエミリー・ブラント、彼女を支える夫リー役には、実生活でもエミリーの夫であるジョン・クラシンスキーが務める。また、クラシンスキーは今作の監督でもある。聴覚障害を持った娘役は、自身も役柄と同じ障害を持つ『ワンダーストラック』のミリセント・シモンズ。製作は『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイ。

早速本編を観たスティーブン・キング、クリス・プラット、ケヴィン・スミスらも今作を絶賛しており、期待が高まる一方だ。続報を楽しみに待ちたい。

作品概要

『クワイエット・プレイス(原題)』
2018年秋 日本公開予定

<STORY>
音に反応し人間を襲う“何か”によって人類が滅亡の危機に瀕した世界。そこでは、あるルールを守り生き延びる一組の家族がいた。

「決して、音を立ててはいけない」

その“何か”は、音にだけ反応する。その“何か”に聞かれると即死する。手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰め、静寂と共に暮らす彼らに、想像を絶する恐怖が降りかかる―。

監督・脚本・出演:ジョン・クラシンスキー
脚本:ブライアン・ウッズ、スコット・ベック
製作:マイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッド・フラ- 
キャスト:エミリー・ブラント、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュペ
全米公開:4月6日
原題:A Quiet Place
配給:東和ピクチャーズ

(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


ホラー・カルト映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – http://horror2.jp[リンク]

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。