体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『モアナと伝説の海』と映画『ザ・コンサルタント』、2017年の米国での家庭内視聴トップに

米ウォルト・ディズニーによる映画『モアナと伝説の海』が、米国の家庭内視聴で絶大な力を誇っている。

アニメ・アドベンチャーの同作は、モーション・ピクチャー・アソシエーション・オブ・アメリカの調査報告によると、2017年のセールスとレンタルで最も人気が高かった。2017年においてDVD・ブルーレイを最も売り、消費者は同作のデジタル版を最も購入していた。映画『ザ・コンサルタント』のディスクは2番目に多くレンタルされた、デジタル版でも2位につけた。

ベン・アフレック主演の映画『ザ・コンサルタント』は、マフィアお抱えの会計士のストーリーで、ディスクとデジタル版が最もレンタルされた作品だった。消費者は、アフレック主演の同作においては購入よりもインターネット視聴を好んだ。『ザ・コンサルタント』はデジタルタイトルの販売においては19位で、ディスクの売り上げは30位以内にも入っていない。同作、そして『モアナと伝説の海』は興行収入で成功を収めたが、家庭内需要の方が高く、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』といったブロックバスター映画を販売とレンタルで上回っている。

映画『ワンダーウーマン』も家庭内需要が高い作品だ。象徴的なアマゾネスの戦士を描く同スーパーヒーロー映画は、ディスクの販売とデジタル版のレンタルで3位だった。デジタル版の販売で2位で、DVDとブルーレイのレンタルで4位でもある。

米国におけるDVD・ブルーレイ販売のトップ5

1位『モアナと伝説の海』

2位『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

3位『ワンダーウーマン』

4位『美女と野獣』

5位『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

米国におけるDVD・ブルーレイのレンタルのトップ5

1位『ザ・コンサルタント』

2位『モアナと伝説の海』

3位『美女と野獣』

4位『ワンダーウーマン』

5位『パッセンジャー』

米国におけるデジタル販売のトップ5

1位『モアナと伝説の海』

2位『ワンダーウーマン』

3位『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

4位『トロールズ』

5位『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

米国におけるデジタル・レンタルのトップ5

1位『ザ・コンサルタント』

2位『モアナと伝説の海』

3位『ワンダーウーマン』

4位『メッセージ』

5位『SING/シング』

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。