体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

市川紗椰「もふもふの尻尾が…」 可愛すぎる犬目線のストリートビューに大興奮

市川紗椰「もふもふの尻尾が…」 可愛すぎる犬目線のストリートビューに大興奮
J-WAVEで放送中の番組『TRUME TIME AND TIDE』(ナビゲーター:市川紗椰)のワンコーナー『イチカワカオスモス』では、市川が“革新的”だと感じたものについて語っています。4月7日(土)のオンエアでは、「最新の地図」をテーマにお送りしました。

■誰もが伊能忠敬の気分になれる!

地形図を見るのが大好きという市川。その中でも、最近修正された国土地理院「地理院地図」がとても革新的だと話しました。今回発表された革新的な修正部分は「登山道」。これまでは職員が実際に山を登り、崩落や工事で通行止めになるなど、変更になった箇所を確認していたのですが、それでは情報が追いつかなくなってしまい、一般登山者から情報を集めることにしました。

一般の登山者が使用するスマートフォンのGPSで、取得した移動経路の記録を活用し、新しい修正作業を実施。自分が歩いた登山経路を記録する、登山情報サイトの会員情報を使用したのですが、地形図の修正にこうしたビッグデータを使うのは初めての試みです。従来、地図の測量は国家資格を持った測量士が行っていたのですが、一般人が測量に携わることになるので、その仕組みが大きく変わります。

市川:「誰もが伊能忠敬感」が、私はけっこうアツいなと思っていまして。登山は3年ほどしていないんですけど、地形図を見るのが大好きなので、すごく楽しいんですよ、こういう改訂は。

地形図が大好きな人には、ぜひ見てほしいという市川。しかし、なかなかニッチな趣味ということで、誰でも楽しめる最新情報も紹介しました。

■犬目線のストリートビューが斬新!

実際の場所を映像で確認することができるGoogleのストリートビュー。活用している人も多いと思いますが、そんなストリートビューに「犬目線バージョン」が発表されたのはご存知でしょうか? その名も「ドッグビュー」。

Googleと、秋田犬発祥の地である秋田県大館市が企画し、実現しました。秋田犬の背中に全方位撮影可能な小型カメラを取り付けて撮影。場所は限られていますが、JR大館駅前の忠犬ハチ公像や「秋田犬ふれあい処」、山沿いの雪景色、神社、温泉などを犬目線で巡ることができます。

市川:ぐるっと見渡せるわけですよね。ストリートビューだから。そうすると背中のもっふもふの尻尾が見えてね、たまらないです、ホントに。かわいい!

ドッグビューの案内役は、飛鳥、あこ、ぷーこという名前の3匹。犬たちの負担にならないように、配慮して撮影が行われたそうです。撮影のメイキング映像も公開されているので、ぜひチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『TRUME TIME AND TIDE』
放送日時:土曜 21時−21時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/timeandtide/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。